スポンサーリンク

お風呂のカビはどう対処する?TOTO「ほっカラリ床」でもダメ!?カビキラーと燻煙剤を駆使してブラシでコスルだけ!

掃除・整理整頓
スポンサーリンク

みなさん、お風呂のカビ対策ってどうしてますか?

どんなに掃除をしてもすぐに発生する赤カビや、パッキンにこびりつく黒カビに悩まされている人は多いのではないでしょうか。

今回はお風呂にカビが発生する理由や対策についてまとめます。

お風呂のカビはなぜ発生するのか?

お風呂のカビって洗って除去してもすぐに発生しますよね?そもそも、なぜお風呂にカビが発生するのでしょうか。

理由は主に2つ、

まず1に、カビは空気中に常に漂っている、ということ。

そして2に、カビは湿気のある場所で急激に増殖する、ということ。

カビやカビ胞子はあらゆる場所で空気中を漂よっており、壁や床、ドアやカーテンなどに付着します。

もちろん、これらに触れた人間の手にも付着し、様々な場所に運ばれ、その先でも漂うことになります。

そしてカビは湿気があれば永遠と増殖してしまいます。

そのため、日常的に水分のあるお風呂などでカビの侵入を防ぐことは不可能であり、常に湿気があるため爆発的に繁殖してしまうのです。

じゃぁお風呂でカビが生えるのは当たり前なのね(涙)

また、冬などは湿気と温度差で朝起きたら窓に水滴が付いていることも多いですが、この水滴がカーテンに付着しているとカーテンもカビてしまいます。

カーテンにカビが生えると除去するのが大変です!

TOTOの「ほッカラリ床」でも赤カビは発生する!

お風呂は換気扇だけでは不十分!

とくにお風呂の床や壁の目地、棚の隙間などは、気を抜くとすぐに赤カビが発生してします。

お風呂の湯船は毎日洗う人がほとんどですが、床や壁などを毎日掃除する人は少ないと思います。

換気扇でちゃんと毎日乾かせば大丈夫かな?

もちろん、お風呂の後は換気扇をつけて浴室を乾かす人が多いと思います。

でもここで一つ問題が。そもそも、換気扇だけで浴室を完全に乾燥することはほぼ不可能です!

一見、しっかり乾燥しているように見えても、タイルの目地や隙間は水分が残っていることがほとんどです。

浴室乾燥機であれば乾燥するかもしれませんが、電気代が高くなります。

いいえ!換気扇だけで浴室をちゃんと乾かすのは難しいです!

TOTO「ほっカラリ床」でも乾かない!

我が家は大手メーカーTOTOの浴槽・床壁です。

TOTOお風呂の特徴に「ほっカラリ床」というものがあり、我が家も採用しています。

ほっカラリ床の主な特徴は以下3つ。

  • 冷たくない
  • 乾きやすい
  • 柔らかい

しかし、このほっカラリ床、柔らかくて冷たくないのは満足ですが、カラリという言葉が名前に入っている割には乾きません!

夜にお風呂に入り、朝まで換気扇を回し続けて、なんとか床の水がなくなる感じ。

たまに浴室の角に水分が残っていることもあります!

大手メーカーのお風呂でも、やはり完全に素早く乾くお風呂は難しいようです。

換気扇乾燥では水分を完全に除去してカビを防止するのは困難だと思います。

これで完璧!カビ予防の3ステップ!

カビがお風呂に発生しやすいのはご理解いただけたと思いますが、それでも嫌なカビは防ぎたいもの。

カビは完全に防ぐことは難しいですが、カビの発生を抑制することはできます。

カビが発生したら次の3ステップをしっかりやってカビを除去、再発生を防ぎましょう!

まずはカビキラーで一網打尽!

カビが発生したら、まずは完全に除去してしまいましょう。

カビの除去は普通のお風呂洗剤では除去することは難しいです。

カビキラーなどの専用カビ洗剤を使用して徹底的に除去してしまいましょう。

カビキラーは洗剤成分の界面活性剤に加えて、水酸化ナトリウムが含まれており、強いアルカリを示します。

このアルカリ性がカビを根こそぎ除去し、キレイにしてくれます。

また、アルカリ性のカビ洗剤ではなくか過酢酸除去剤もカビに効果があります。

ただし、過酢酸除去剤はニオイがきつい上に値段が高いので、家庭で使用するならカビキラーなどのアルカリ性カビ洗剤がおすすめです。

燻煙剤でカビ予防!

カビキラーでカビの除去が完了して、次は燻煙剤を使ってキレイなお風呂を維持しましょう。

使用するのはカビの付着や増殖を抑制するタイプの燻煙剤。大手メーカーから販売されています。

カビ燻煙剤は銀イオンの効果でカビの発生を抑制してくれます。

これを使うだけで本当にカビが発生しなくなります!

できれば、メーカーの推奨頻度の通りに2ヵ月1回は使うことをおすすめします!

あとはブラシでこまめに擦るだけ!

そして最後に、お風呂に入ったら、少しで良いので床や壁、角などのカビが生えそうな場所をブラシでこすってください。

カビキラーや燻煙剤も効果が高いですが、やはり物理的にカビや溜まり水を除去することは、カビ予防には非常に効果的です。

スポンジでは目地などの細かい溝まで行き届かないので、毛のしっかりしたブラシを使いましょう。

愛用の100均のブラシ

毎日少しだけでもブラシで擦るだけで、あきらかにカビが発生しなくなります。

まとめ

カビの発生を防ぐ3ステップ

  • カビキラーで一網打尽
  • 燻煙剤でカビ予防
  • ブラシでこまめに擦る

コメント

タイトルとURLをコピーしました