スポンサーリンク

手ピカジェルはなぜ人気なのか?子育てママからの絶大な信頼で人気No.1.

風邪・ウイルス対策
スポンサーリンク

コロナウイルスの大流行で品薄状態が続いている消毒用アルコールやアルコール除菌ジェル。ドラッグストアや薬局でも全然見かけなくなりました。

そんな消毒用アルコール。一般用として販売している製品の中で断トツで人気No.1なのが健栄製薬株式会社が販売する手ピカジェルです。健栄製薬は一般用の消毒液の販売ではシェア50%を誇っています。

では、なぜ健栄製薬の手ピカジェルはこんなにも知名度が高く人気なのでしょうか?

今回は手ピカジェルの人気の秘密に迫ります。

健栄製薬の手ピカジェルとは?

手ピカジェルは健栄製薬が販売する手指消毒用のアルコールです。

知名度。シェアともにダントツNo.1と言って良い製品です。家庭で消毒用アルコールを使用している人1度はこの製品を購入したころがあると思います。

手ピカジェルの人気の理由

昔からある商品だから

まず販売されてから長く愛用されている製品ということです。今でこそ様々なメーカーーから家庭用のアルコール消毒液が販売されていますが、昔は家庭用のアルコールジェルはあまり販売されておらず、アルコール消毒の日常的にする人も多くなかったと思います。

それでも健栄製薬は2006年8月に手ピカジェルの販売を開始しています。販売が開始してからの約14年間ずーっと売れ続けているということは長い販売期間によって得た信頼と安心感があるからではと思います。手ピカジェルは衛生用品なので安い海外メーカーの製品よりも、身近で聞きなじみのある製品を選びたくなるものです。

化粧品ではなく医薬部外品である

手ピカジェルは多く市販されているアルコール除菌ジェルのような化粧品ではく厚生労働省が認可している指定医薬部外品です。指定医薬部外品とは2009年の薬機法(旧:薬事法)の改正により、それまで医薬品として販売されていた一部の製品が規制緩和により医薬部外品に移行して製品のことを指します。つまり、それまで医薬品として効果と安全性が確認された製品であったため、信頼性も高い製品になります。

子育てママをターゲット

手ピカジェルがここまでシェアを獲得しているのは、手指の消毒を一番気にしている子育て世代のママさんの人気と知名度を集めたからだと思います。小さなお子さんや赤ちゃんは手洗いをする習慣が身についていない子も多く、なにかと口に入れてしまうことがありませす。そのため、家だけでなく外出先でも簡単に手指の消毒をする方法が必要です。手ピカジェルは手のひらに少量出して両手で擦り込むだけで手洗いも不要です。この簡単な手指の消毒方法が発売当時の2000年代ではまだ一般的に広がってはおらず、子育て世代のママさんたちの支持を集めたのだと思います。

豊富なラインナップ

手ピカジェルはメインの商品以外にもいくつかのラインナップがあります。

  • 手ピカジェル
  • 手ピカジェルプラス
  • 手ピカジェル ローズの香り
  • 手ピカスプレー
  • 手ピカジェル プチ
  • 手ピカジェル ミニ
  • お出かけホルダー付き手ピカジェル

特に手ピカジェルプラスと手ピカスプレーはリン酸を配合して酸性にすることで幅広いウイルスへの効果を高めています。もちろん、エタノールが76.9~81.4vol%配合された指定医薬部外品です。

まとめ

手ピカジェルが人気な理由は

  • 早くから手指消毒を簡単に行える消毒液を一般用に販売し始めたこと
  • 信頼できる指定医薬部外品
  • 子育て世代の人気を集めたこと
  • 幅広いラインナップがあること

の3点だと思います。また、手ピカジェルプラスや手ピカスプレーはリン酸の配合により、ウイルスへの効果を高めています。購入するなら手ピカジェルプラスもしくは手ピカスプレーがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました