離乳食には海苔がおすすめ!海苔の栄養・選び方・「おにぎらず」の作り方を解説します!

育児

子供は海苔が大好き

一見、美味しそうに見えない海苔は赤ちゃんや子供が大好きです。離乳食や塩や醤油などが少量しか使用されていないため薄味です。もちろん、薄味の方が子供の体には良いのですが、食事への興味が薄い子供は食が細くなりがちです。

そんな時こそ海苔の出番です。特に焼き海苔は無塩ですが風味が強く味付けとして成り立つくらい味が濃いです。「おにぎらず」は海苔巻きなどに比べて海苔の量が多いため風味を感じやすいです。

ごはんを食べてくれなくてもおにぎりや海苔巻きにすれば食べてくれるという子供も多いです。

離乳食や幼児食でごはんを残すことが多いのであれば海苔をメニューに取り入れると良いと思います。

特に海苔を1枚使った「おにぎらず」は簡単に作れて離乳食や幼児食におすすめです。

おにぎらずって何?おにぎりとの違いは?

「おにぎらず」は言葉の通り握らない「おにぎり」のことです。おにぎりに比べて手間が少なく、具が多く入れられるため最近ではお弁当などでも人気です。

実はおにぎらずは赤ちゃんの離乳食や幼児食として人気があり、離乳食本などにも登場しています。

離乳食として「おにぎらず」が人気な理由は

  • 海苔で挟んであるからごはんが手に付かない
  • 海藻(海苔)の栄養が採れる
  • 海苔と一緒だとごはんを食べてくれる
  • 作るのが簡単

という理由が多いです。私も毎日のように子供のごはんでおにぎらずを作っていました。何より、息子の食べっぷりがおにぎらずだと圧倒的に良いです。普段の半分くらいの時間で食べ終わります。

朝ごはんなどの時間がない時は本当に助かります。

離乳食「おにぎらず」の作り方

今回は我が家で良く作る「おにぎらず」の作り方をご紹介します。

【材料】

・海苔 (1枚)

・ごはん、もしくは軟飯 (80~90g)

・すりごま (お好みで)

 

①海苔1枚をラップの上におく。海苔は贅沢に1枚使ってください。

②半分にごはんを敷き詰める。ごはんが多すぎると切りにくくなります。写真は普通のご飯ですがお粥でもできます。

③海苔を半分に折りごはんを挟む。

④ハサミで切る。包丁よりもハサミの方が切りやすいです。包丁だとまな板も必要なので洗い物も減って楽チンです。

 

海苔の栄養は?食べ過ぎNG?

海苔は海藻のため食物繊維が豊富です。また、赤ちゃんに不足しがちな鉄分などのミネラル(無機質)含まれています。

海苔1枚(約3g)の栄養

カロリー:5.4kcal

炭水化物:1.2

たんぱく質:0.1g

脂質:1.2g

食物繊維: 1.0g

鉄分:0.3mg

葉酸:57μg

 

食べ過ぎですが、栄養素としては多少食べ過ぎても問題ないです。ただ、赤ちゃんによってはお腹が緩くなってしまったりアレルギーが出る可能性があります。

初めて食べさせる時は赤ちゃんの機嫌や体調、うんちの状態などは少し気をつけて見てあげてください。

海苔を安く買うには?

海苔はメジャーな食材なのでスーパーやコンビニなどで買うことができます。ただ、海苔は意外と値段が高いです。

おにぎらずで1枚使うと、あっというまに1袋なくなってしまいます。

そんな時おすすめなのが業務スーパーコストコです。

業務スーパーは圧倒的に値段が安いです。海苔そのものは少し薄いですが、味や風味は劣りません。

コストコは普通のスーパーと同じくらいですが、質の良い海苔を大量に購入することができます。

ネットでも安く買うことができますが、通販に不安があるなら業務スーパーやコストコが買うことをおすすめします。

美味しい海苔の選び方

美味しい海苔はシンプルに値段が高いものが美味しいです。色や風味、味が濃く、厚いので「ちぎる」より「割る」という感覚が強いです。

海苔の味を楽しむなら味海苔より焼き海苔がおすすめです。焼き海苔の方が海苔の味や風味を強く感じることができます。余裕があれば食べる前に少し炙るとさらに風味が出て美味しくなります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました