目指せラクカジ!我が家で実践してる家事時短のための5つの工夫!

掃除

今回は我が家では実践している家事を楽にする工夫をご紹介します。

①洗濯物を「干す・取り込む・畳む」を廃止

家事の中でも大変で時間がかかる洗濯。洗濯そのものは洗濯機がやってくれますが、大変なのは洗濯物を干す・取り込む・畳むことです。特に「干す」は天気に左右されてしまうため、自分のペースで行えないとストレスがたまります。

そこで我が家では乾燥機を導入して「干す・取り込む」を撤廃しました。

また、乾燥が終わった洗濯物は畳まずにランドリーバッグに保管。着るときはランドリーバッグから服を出して着ることにしました。

洗面所に服を入れられる収納があればランドリーバッグは置かず、収納に入れてしまえばスッキリします。

気を付けなければいけないのは、できるだけシワが付きにくい服を選ぶこと、乾燥機は衣類が縮むので服を買うときは少し大きめを買うことです。

↓こちらの記事もおすすめ↓

②フェイスタオルは畳まない

我が家ではフェイスタオルは畳まずに収納しています。バスタオルは畳みますがフェイスタオルは面倒なのでフェイスタオル用の収納ボックスを作って、そこにぽいぽい入れていきます。収納ボックスがあるので畳まずに収納しても散らかってるように見えず、取り出すのも楽チンです。

③靴下は全部同じ色・柄で統一

乾燥機から乾燥が終わった洗濯物を取り出す時に面倒なのが、靴下のペアを見つけることです。洗濯物を干すのであれば干しながら靴下のペアを見つけてセットにして干すことができますが、乾燥機ではそうはいきません。

そこで、すべての靴下を同じ色・柄で統一しました。

そうすれば左右のペアを見つける必要はなく、「とりあえず靴下を1足見つければ絶対にペアになる」という劇的に楽チンです。また、時間短縮にもなって朝の準備も早くなります。

④食器洗いは食洗機におまかせ

洗濯と並んで面倒な家事の上位にランクインする「食器洗い」。言葉の通り、食器を洗うことも大変ですが、洗った食器を乾かす(拭く)、片付けることも地味に時間がかかって面倒です。

そこで、我が家ではミーレ社製の食洗機を導入しました。

ミーレ食洗機は大容量なので朝・昼・夜に使った食器や調理器具をまとめて洗うことができます。我が家では夜まで食器を溜めておき、夜寝る前に食洗機のスタートボタンを押して寝ています。

↓こちらの記事もおすすめ↓

⑤汚れ物(シミ、食べこぼし)や靴の洗濯は漂白剤に浸けるだけ

小さい子供がいると大変なのが汚れ物の洗濯です。食べこぼしの汚れやシミ、そして外遊びの泥汚れなどは洗濯してもなかなかキレイになりません。汚れたらすぐにお湯に浸けて洗剤でもみ洗いしてから洗濯機に入れればいいのでしょうが、私には面倒できませんでした。

そこで、我が家では汚れ物をまとめて漂白剤に浸けてから、軽く絞って洗濯機にかけるだけにしています。これだけでも本当にキレイになります。丸一日放置したソースや醤油、果汁のシミなど一網打尽です。

漂白剤は塩素系を使うと色が落ちてしまうので酸素系漂白剤を使用します。特にコストコで販売している「オキシクリーン」がおすすめです。大容量でコスパが良いだけでなく、洗浄力も高いです。コストコで販売されているオキシクリーンは日本で通常販売されているものより界面活性剤の配合量が多いらしく、汚れが本当によく落ちます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。家事はやることがおおくどうしても時間がかかってしまいます。ただ、今は便利な家電や道具も多く、上手に取り入れれば大幅に負担を減らすことができます。

ラクカジを目指して家事の負担を減らして、趣味や家族の時間を増やして充実した生活を送りたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました