スポンサーリンク

赤ちゃんの歯みがきはいつから?歯みがきの始め方と注意点。まずは歯ブラシに慣らせよう!

子育て
スポンサーリンク

赤ちゃんが生まれて大変なことに赤ちゃんの歯みがきはがあります。生まれたばかりの頃は歯も生えていないので良いのですが、早い子だと生後6ヶ月頃から1本目の歯が生えてきます。

今回は子供の成長に合わせた歯みがきのやり方やステップアップするタイミングなどをご紹介します。

ステップ別 歯みがきの方法

ステップ①歯が生える前

歯みがきは歯が生えてきてから始めれば良いのでしょうか?確かに歯が生えてなければ食べかすも残らず虫歯になる可能性はありません。ただ、赤ちゃんの場合は歯が生えてきて歯みがきを始める前に「歯ブラシに慣れる」という練習が必要になります。
赤ちゃんは手やおもちゃを口に入れることはありますが、歯ブラシを口に入れた経験はありません。また、自分のタイミングではなく親のタイミングで口に異物が入ることを嫌がります。

まずは先がプラスチックではくシリコン製の歯ブラシを赤ちゃんに持たせて歯ブラシに慣れさせましょう。低月齢の赤ちゃん用の歯ブラシは口の奥まで入らないような形状になっているので、赤ちゃんが誤って喉の奥まで咥えてしまう危険性はありません。色や形も赤ちゃんの興味を引くようになっているものが多いです。

ステップ②前歯の1本目が生えた(2mm以下)

1本目の歯が生えて来たらステップ①を続けながら濡らしたガーゼで歯を拭いてあげましょう。
ただ、ガーゼを口に入れられると赤ちゃんは嫌がると思います。強引にやると歯茎に負担がかかってしまいますので、ほどほどの力で拭くようにしましょう。

ステップ③前歯の1本目が生えた(2mm以上)

歯がある程度の長さまで生えてきたら「歯みがき」を始めます。赤ちゃん用の歯ブラシを選びますが、ヘッドが小さくシリコンブラシ以外の歯ブラシがおすすめです。この時期に使う歯ブラシも咥えすぎを防止する形状のものがあります。

ステップ④2本目以降が生えた

歯の長さや本数が増えたら本格的に歯ブラシを始めます。歯ブラシはステップ③と同じで良いですが複数本だと歯間に食べかすが溜まりやすいので意識的にブラシを当てるように心がけます。

歯みがき後のうがいは必要?

結論から言えば歯みがき後のうがいは必要ありません。というか、まだ赤ちゃんはうがいができません。そのため、歯みがき後に水を飲ませて口内の汚れを流した方が良いでしょう。大人は抵抗があるかもしれませんが、赤ちゃんは抵抗なく飲んでくれると思います。この時、できるならストローではなくコップ飲みをさせてください。コップから飲んだ方が口の中が満遍なく水で満たされるからです。
間違ってもジュースやお茶を飲ませないようにしましょう。ジュースは糖分が残りますし、お茶はカテキンなどが歯の着色するリスクがあります。

歯みがき粉は使った方がいいの?

赤ちゃんの歯みがきに歯みがき粉は必要ありません。ブラッシングだけで十分に汚れを落とす事ができます。ただ、歯ブラシをあまりに嫌がるようであれば子供用な歯みがき粉を使ってみると嫌がるようでなくなるかもしれません。使う歯みがき粉は大人用ではなく子供用のを選んでつかいましょう。大人用の歯みがき粉は刺激が強く、誤って飲むとあまり良いことはありません。

歯みがき粉は使わなくても問題ありませんが、仕上げみがき後にフッ素含有ジェルを塗ることをおすすめします。赤ちゃんの歯は表面のエナメル層も薄いです。ジェルを塗ることで丈夫な歯が作られるサポートができます。フッ素ジェルは大人用と子供用がありますので買う時は注意しましょう。大人用はフッ素の含有量が多いです。

赤ちゃんの歯みがきの注意点

みがきすぎは厳禁

赤ちゃんの歯は小さく表面のエナメル層も薄いので、強く歯ブラシを当てすぎると歯がダメージを受けて削れてしまいます。ブラシをAYC当てて擦るだけでも汚れを落とすには十分です。

話しかけながら歯みがきしよう

歯みがきをする時は赤ちゃんが嫌がるので親も必死になってしまいます。ただ、必死に無理やり歯みがきをすると赤ちゃんも、身構えてしまいます。話しかけたり動揺を歌いながら歯みがきすると赤ちゃんも歯みがきを受け入れてくれるかもしれません。

定期的に歯ブラシを替えよう

赤ちゃんも用の歯ブラシはヘッドが小さくブラシもやわらかいので大人用よりも消耗が早いです。ブラシが消耗していると歯間に当たらなかったり汚れを落とす力が弱くなります。少なくとも1ヶ月で新しい歯ブラシと交換しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました