シンク排水溝の掃除は1日1回クエン酸水を流すだけで劇的に楽チンに!オキシクリーンもおすすめ!

掃除

こんにちは、つむ太郎です。みなさんはシンクや排水溝の掃除ってやってますか?結構億劫で面倒なんですが、掃除しても汚れる水回り。特にシンクの水垢や排水溝の汚れは頑固で面倒な掃除ではないでしょうか。

水回りの汚れは何が原因?

掃除をしてもすぐに汚れる水回り。何が原因で汚れてしまうのでしょうか。水回りの主な汚れは2つあります。

タンパク汚れ→髪の毛や皮脂など。

カルキ汚れ→いわゆる水垢。水道水のミネラルが原因。

これらは汚れる原因が違うため汚れの落とし方も違います。それぞれ適した方法で掃除すれば簡単に汚れを落とすことができます。

水回りの掃除はこまめにしよう!

水回りに限らず、汚れはほっとくと蓄積してどんどん落ちにくくなっていきます。今回は私が実践している簡単掃除方法をご紹介します。

水垢は簡単にクエン酸水を流すだけ!

主に洗面所のシンクの掃除にはクエン酸を使っています。クエン酸は酸性なので水垢などの無機質な汚れを落とす効果があります。でも、クエン酸を着けてスポンジで擦るのは面倒ですよね。なので我が家ではわざわざスポンジで擦ったりしません。面倒な掃除は習慣化しませんからね。

我が家の掃除は超簡単。シンクに水をたっぷり張って、それにクエン酸を溶かして放置するだけ。ね?簡単でしょ。できれば30分くらいは放置したいてすが5分くらいでも汚れは落ちます。時間が経過したら排水して軽く水で流すだけ。これなら簡単ですし2日に1回くらいやってます。頻繁にやれば汚れも蓄積しないので、薄めのクエン酸でも効果があります。

クエン酸はこんな容器に入れておくと使うのが簡単。
こんな感じで水を張って流すだけ。

タンパク汚れはクエン酸よりも酸素系漂白剤がおすすめ!

クエン酸は水垢を落とせますが、タンパク汚れにはあまり効果がありません。髪の毛や皮脂などは酸素系漂白剤がおすすめです。

使い方はクエン酸の代わりに酸素系漂白剤を溶かして放置するだけ。頻繁に行えばシンクだけでなく排水溝の髪の毛などもキレイになります。

それでもだめなら重曹や塩素系漂白剤を使おう!

クエン酸や酸素系漂白剤は粉末で販売されているため比較的安く手に入れることができますが、年季の入った頑固な汚れを落とすには少々洗浄力が弱いです。定期的な掃除であればよいのですが、たまの大掃除などでは汚れが落ちないかもしれません。そんなときはアルカリ性の洗浄剤がおすすめです。

洗浄力は重曹<塩素系漂白剤です。重曹は常温て汚れが落ちない場合は60℃くらいのお湯で洗ってみましょう。化学的な反応は温度が10℃上がると反応速度が2倍になると言われています。

60℃だと常温の約3倍なので頑固な汚れも比較的簡単に落とすことができるでしょう。

重曹でもだめなら塩素系漂白剤を使ってみましょう。ただ、塩素系を使う場合はいろいろと注意が必要です。

注意点
・換気をする。
・手袋をする。
・服に着かないようにする。
・絶対に酸性洗剤と混ぜない!

まとめ

まとめ・クエン酸と酸素系で頻繁に掃除しよう。
・クエン酸と酸素系はシンクで溶かして流すだけ。
・頑固な汚れには60℃の重曹がおすすめ。
・塩素系は取り扱いに気を付けよう!

 

合わせて読みたい

●IHコンロの汚れはどうやって落とす?専用スポンジよりも研磨剤がコスパ最強で楽チンだった!

●アタックZEROに負けてない!?カインズの洗濯洗剤は容器がおすすめ!洗剤を入れるのに液垂れしなくて快適。

●ガス乾燥機の乾太くんを徹底レビュー。やっぱり縮むけど絶対おすすめ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました