スポンサーリンク

洗濯は部屋干しで十分!大切なのは除湿器&扇風機の組み合わせ!

洗濯・乾燥
スポンサーリンク

家事を時短するには部屋干しがおすすめ!

家事の中でも面倒な洗濯。乾燥付洗濯機が普及しつつあるとはいえ、十分な乾燥機能を備えた洗濯機は20万円を越えます。共働き三種の神器とも呼ばれる洗濯乾燥機はその呼び名の通り、共働きの財力がないと購入できないのが実情です。

 

我が家ではガス乾燥機を愛用しています。

 

また、洗濯乾燥機を持っていても、お気に入りのオシャレ着や下着、麻素材の服などは洗濯乾燥機で乾燥すると縮みやシワの原因にのります。

でも、わざわざ外干しするのも面倒だし、雨の日はどうしよう…という気持ちもわかります。

そんな人には部屋干しがおすすめです。

空き部屋や洗面所などで洗濯物が干せれば「干す・取り込む」の手間が大幅に減らせます。

家事は以外と移動に時間や労力が必要です。洗濯機から近いところで干すことができれば、その労力と時間も大幅に削減できます。

部屋干しで本当に乾くのか?

ただ、部屋干しは洗濯物がちゃんと乾くのか?という問題があります。

結論から言えば、普通に干すだけではまず乾かないか、乾いても生乾き臭が残ってしまいます。

部屋干しを上手に行うには簡単な工夫が必要です。

 

部屋干しは放出した湿気が部屋にこもり、壁やカーテンにカビが生える原因にもなります。

 

部屋干しを上手に行うためのコツ


部屋干しでしっかり洗濯物を乾かすなら、
・洗濯物から出た湿気を除去する
・空気をしっかり循環する
これを実践することです。

これができればジーパンやパーカーだって夜寝ている間に完全に乾かすことができます。

部屋干しには除湿器&扇風機がおすすめ

我が家で実践している部屋干し方法は除湿器&扇風機です。

この組み合わせが最も早く、そしてイニシャルコストコとランニングコスト両方を抑えることができます。

除湿器で湿気除去&室温上昇

我が家ではCORONAのコンプレッサー式除湿器を使用しています。

コンプレッサー式除湿器の特徴

・本体が安い

・音がうるさい

・電気代が安い

・室温が上がる

・気温が低いとパワーが落ちる

 コンプレッサー式の除湿器は本体が安くて消費電力が低いのが最大の特徴でありメリットです。

家族が多く、毎日洗濯するなら消費電力が低いコンプレッサー式がおすすめです。

でも、除湿して室温が上がるなら、洗濯物の乾燥には最適な環境です。

コンプレッサー式は一般的に室温を上げにくいと言いますが、それでも機械ですから多少は室温が上がります。

コンプレッサー式の他にデシケント式と呼ばれる除湿器もあります。

デシカント式除湿器の特徴

・本体が高い

・電気代が高い

・音が静か

・ヒーターで室温がすごい上がる

・気温が低くても除湿性能は落ちない

・コンプレッサーがないので軽い

デシカント式はコンプレッサーではなくヒーターが付いており、冬場の気温が低いときでも十分な除湿性能を発揮します。

また、コンプレッサーがないので比較的軽く、持ち運びも可能です。

ただ、電気代が高くデシカント式はコンプレッサー式の約2~3倍の消費電力です。

デシカント式を一晩(8時間)運転すると約100円の電気代なので1ヵ月で約3000円になります。意外と馬鹿にならない金額です。

扇風機で空気循環して効率良く乾燥する

最近のハイグレードな除湿器には送風機能や首降り機能などが付いていますが、どうしても本体価格が高くなってしまいます。

そこで比較的安く購入できる扇風機を除湿器と一緒に使用することをおすすめします。

扇風機は弱風でもよいので首降りで洗濯機全体に空気が当たるように設定しましょう。

扇風機の目的は空気を循環させて洗濯物の周囲に乾燥した空気が行くようにするためなので、風を直接当て続けなくても効果があります。

おすすめの除湿器の4選

今までお伝えしたように、部屋干しで洗濯物を乾かすなら除湿器は必須アイテムです。

除湿器もコンプレッサー式やデシカント式、ハイブリッド式など様々な種類がありますので予算や対応面積などに応じて選ぶことをおすすめします。

【予算1~1.5万円】少量の部屋干しに対応 [CORONA CD-P6319]

言わずと知れたコンプレッサー式除湿器の王道。コンプレッサー式なので運転音と振動がありますが、省エネモードの電気代が3円/hと最高ランクの省エネ性能です。タンクも6.3Lと大容量でフィルターも10年交換不要なのでメンテナンスの手間と費用は比較的かからない機種です。

【予算2万円】大量の洗濯物に対応 [アイリスオーヤマ IJD-I50 ]

大容量の除湿器とサーキュレーターが一体になった衣類乾燥機除湿器です。サーキュレーターのパワーも十分で洗濯物に乾いた空気を当て続けることができます。

タイマーや首降りなどの基本機能も備えており、タンク容量も2.5Lを備えています。

重量は約8kgなので、やはり持ち運びには不便かもしれません。

【予算2万円】スタイリッシュ&持ち運びならコレ [パナソニック F-YZS60-A ]

デシカント式の除湿器のため一年中、十分な除湿能力を発揮します。

また、デシカント式ですが重量が約6kgのため持ち運びも可能です(持ち運び用の取って付き)。

【予算7~8万円】完全装備のハイスペック除湿器 [パナソニック F-YHRX200]

パナソニックの最高機種がでハイブリッド方式&ナノイーを取り入れた除湿器です。

定格除湿能力が17L/日と他の機種の倍以上のスペックを誇ります。

重量は17.4kgと思いですが、木造19畳を誇る除湿可能面積があれば持ち運びせずにフロア全体を除湿することが可能です。

予算に余裕があれば是非購入することをおすすめします!

まとめ

・部屋干しは干すだけでは乾かない

・除湿器&扇風機がおすすめ

・除湿器はコンプレッサー式がコスパが良い 

・予算があるならハイスペック除湿器もおすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました