電話の子機ってどこに置く?家を建てるなら2階の廊下に【ニッチ】&【コンセント】を作ろう!

掃除

みなさん、自宅に電話は置いていますか?最近はスマホや携帯電話の普及に伴い家に固定電話を置かない家庭も増えてるようです。でも、子供子の学校などに教える連絡先にケータイって少し抵抗がある人もいるのではないではないでしょうか。そんなとき、固定電話は大変役立ちます。

固定電話の子機はどこに置く?

もし、家に固定電話を置く場合、セットでついてくるのが電話の「子機」です。これって、みなさんどこに置いていますか?マンションなどワンフロアで住んでいれば、子機はなくても困りません。でも、2階建て以上の一軒家と親機は1階、子機は2階というのが一般的ではないでしょうか。2階にいるときに電話がるたびに下に降りるのは面倒ですからね。
でも、子機ってどこに置いてますか?夫婦の寝室?子供部屋?廊下?収納?趣味部屋?どこに置くのがよいのでしょうか。
電話はみんなが使うものなので、個人の部屋に置くのも面倒です。だからといって納戸にしまうのも違和感があります。
廊下に置けば鳴ったらすぐに気づくし誰でも取りやすいですが、廊下の床に直接置くのはカッコ悪いです。廊下に専用の台を置くと通るときや掃除の時に邪魔ですよね。

おすすめは廊下の【ニッチ】に子機を置く

我が家は家を購入する時に子機をどこに置くかを考えてました。なぜなら、最近では2階のインターホン受話器が移動できる子機タイプになっており、それもどこに置くかを考えなければいけなかったからです。
いろいろ考えた結果、2階の廊下に【ニッチ】を作って設置する案にまとまりました。【ニッチ】はニッチ棚とも呼ばれる壁に埋め込まれた棚のようなものです。

壁の一部が収納として利用できるため、最近の住宅では限られたスペースを有効に使う手段として採用されています。

【ニッチ】には【コンセント】も必須

ただ、子機を設置する場合は【ニッチ】だけでなく【コンセント】も必要です。ニッチの奥面はコンセントの施工が可能なので、ハウスメーカーや工務店に相談してみてください。

我が家の子機置き場

我が家のインターホン子機は画像のように設置しています。実際に置いてみるまでは奥行きが心配でしたが問題ありませんでした。

ニッチの奥行きは壁裏の構造やハウスメーカーによると思うので、事前に確認しておくことをおすすめします。

我が家のインターホン子機は廊下のニッチに設置
奥行きもピッタし
コンセントは必須です

コメント

タイトルとURLをコピーしました