スポンサーリンク

【カインズ】のランドリーバスケットがおすすめ!大きい・軽い・安いの三拍子揃った高コスパアイテム!

洗濯・乾燥
スポンサーリンク

我が家の使い辛いランドリーバスケット

誰の家にもあるランドリーバスケット。もちろんみなさんの家にもあると思います。

我が家では「洗濯前」と「乾燥後」の2つのバスケットで分けて衣類を完了しています。

脱いだ服や使ったタオルは「洗濯前」のバスケットに入れる。洗濯するときは「洗濯前」の衣類を洗濯機に入れて、終わったらほぼ全部を乾燥後に移して乾燥。乾燥し終わった衣類を「乾燥後」に移す。

この流れで日々の洗濯をしています。

ただ、最近どーも今使ってるランドリーバスケットの使い勝手が悪いと感じてきました。

原因はルンバを購入したためです。

ランドリーバスケットを洗面所に置いたままにしておくと、当然その周辺はルンバが掃除できません。

なので、洗面所の収納にランドリーバスケット×2個を収納することにしたのですが、サイズがイマイチで上手に納めることができません。

もともと使ってたランドリーバスケットは円柱型の物と、折り畳めるネットのやつ各1つ。

こんな感じのやつです。

一応、折り畳めるんですが、面倒なのでそのまま収納してました。

でも、2つを同じところに収納するのに、2つの形や大きさが異なるので無駄なデッドスペースも多くてモヤモヤしてました。

近所のカインズで理想のランドリーバスケットを発見

そんなとき、近所のカインズホームをふらふらしてたら見つけました。

その名も「ソフトバスケットL」

名前もシンプルですが見た目もシンプルですっきり。

まさに私が望んでいたランドリーバスケットがあるではないですか。

形も四角くてスペースの無駄もなく、2つ横並びにしたときにピタッとしっくりくるフォルム。

カインズのソフトバスケットを買ってみた。

もちろん、即断で2つ買いました。

家に帰って実際に使ってみると、想像通りの使いやすさです。

ソフトバスケットの良いところ

まず、形が四角いのでデッドスペースがなく、見た目以上に多く入ります。円柱のランドリーバスケットだと、どうしても無駄なスペースができてしまいます。

ソフトバスケットの名前の通り、柔らかい材質で作られているので、収納するときは多少はスペースに合わせて変形しますし、壁や扉を傷つける心配もありません。

樹脂製(プラスチック製)なので濡れた衣類やタオルも気兼ねなく入れることができます。布製のランドリーバスケットだと湿気でカビることもありますが、プラスチックなら水分は染み込まないし、拭くだけで汚れも落とせます。

そして何よりも税込880円の安さです。

この値段なら複数揃えたいときにも、心置きなく購入できます。

ソフトバスケットの悪いところ

悪いところと言うわけではありませんが、「洗濯物が入っている」と外から見てわかってしまうことです。

急な来客などで洗面所に人を通す時、中身が完全に見えないランドリーバスケットであれば置いたままでも良いのですが、このソフトバスケットは蓋をしたとしても周りから中が見えてしまいます。

我が家のように収納できれば問題ありませんが、ランドリーバスケットは出しっぱなしという家庭も多いと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。カインズの商品はシンプルで使い勝手が多いものが多いです。ランドリーバスケットに悩んだら是非検討することをおすすめします。

⬇️合わせて読みたい⬇️

コメント

タイトルとURLをコピーしました