「乾太くん」を購入する前に読もう!ガス乾燥機で後悔しないために読むべき記事6選。

洗濯

①ガス乾燥機の乾太くんを徹底レビュー。やっぱり縮むけど絶対おすすめ!

ガス乾燥機「乾太くん」のことを初めて聞いた人は必ずこの記事を読んでください。乾太くんに関することを網羅的にまとめています。

ガス乾燥機の乾太くんを徹底レビュー。やっぱり縮むけど絶対おすすめ!
ガス乾燥機の乾太くんを2年間使ってみた感想&レビューをまとめます。乾燥機でどのくらい縮むのか部屋干しと比較してみました。

②新築に「乾太くん」を設置する方法。住宅メーカーと東京ガスに相談しよう!ショールームも忘れずに!

これから「乾太くん」を購入する人が悩むこと、「どうやって購入や設置をしたらよいのだろう?」、「誰にお願いすれば良いの?」。こんな悩みに私が購入するときにやったことをまとめます。とりあえず、新築であれば住宅メーカーに相談すれば間違いないです。

新築に「乾太くん」を設置する方法。住宅メーカーと東京ガスに相談しよう!ショールームも忘れずに!
最近、流行ってきているガス乾燥機の乾太くん。かなり以前からRinnaiから販売されていますが、CMの効果や家事時短(楽カジ)を勧める風潮から知名度が上がってきています。我が家でも2017年に新築一戸建てを建てる際に乾太...

③「乾太くん」を購入してわかった後悔ポイント!乾燥は十分。問題は場所と大きさ。

「乾太くん」を購入した後に感じた後悔ポイントをまとめています。乾太くんに乾燥性能は優秀で満足するものでしたが、本体が大きすぎることによる圧迫感や洗面所が狭くなることに対する後悔を感じている人もいます。これから設置を考えている人は、設置する部屋の広さなども考えると良いと思います。

「乾太くん」を購入してわかった後悔ポイント!乾燥は十分。問題は場所と大きさ。
今回は最近CMなどもやっているRinnaiのガス乾燥機「乾太くん」を購入して感じた後悔ポイントをまとめます。後悔ポイントに限らず、乾太くんについて知りたい人は、こちらの記事もおすすめです。。先に言いますが、...

④乾太くん【デラックスタイプ】2年使ってわかったデメリット5つ。見た目は完璧だけど容量不足!

乾太くんは本当に優秀なガス乾燥機です。特にデラックスタイプは見た目もスタイリッシュで一見、ガス乾燥機に見えないので我が家でも見た目に惚れて購入しました。ただ、乾燥容量5kgということで、使い始めはよかったのですが、子供が生まれて洗濯ものが増えると、乾燥容量5kgでは容量不足を感じてしまいます。

乾太くん【デラックスタイプ】2年使ってわかったデメリット5つ。見た目は完璧だけど容量不足!
最近、少しずつ普及してきた衣類乾燥機。共働きの家庭が増えているのもあり、効率的に、より短時間で家事を終わらせることが人気の理由です。まだまだ衣類乾燥機能を併せ持つドラム式洗濯機がメジャーなので、日本メーカーの製品は少ないですが...

⑤「乾太くん」で衣類ほこりを取れば家がキレイになる。家のほこりは衣類からの「綿ほこり」が原因だった。

ガス乾燥機に「乾太くん」は乾燥性能が優れているだけではありません。タンブラー内部に設置されたフィルターで衣類に付着したほこりがキャッチしてくれるのです。家のほこりはほとんどが衣類の「綿ほこり」と言われているため、洗濯物のほこりを乾太くんで取り除けば家のホコリが大幅に減って掃除がラクチンになります。

ガス乾燥機「乾太くん」の乾燥力はタンブラー回転が重要。小物乾燥棚では50℃迄しか上がらない。

⑥ガス乾燥機「乾太くん」の乾燥力はタンブラー回転が大切。小物乾燥棚では50℃迄しか上がらない。

ガス乾燥機の乾太くんにはオプション(別売り)で小物乾燥棚というものがあります。タンブラーで回転しないようにする棚でくつの乾燥などにおすすめです。ただ、回転して熱風と混ざるわけではないので、乾燥対象物の温度は通常の乾燥よりも低くなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました