スポンサーリンク

新都心コクーンシティにある【キドキド】に2歳の息子を連れてったレビュー!

子育て
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

日々育児に奮闘しているつむ太郎です。

今回は2歳の息子をさいたま市コクーンシティにあるボーネルンド【キドキド】に連れて行ってきました!

そこそこ高い値段なので、

「あんまり楽しめなかったらどうしよう」

と思ってましたが、そんな心配は不要です。

めちゃくちゃ楽しかったです!

息子も妻も私もメチャクチャテンション上がってしまいました。

息子は常に走り回り、叫び、おもちゃを振り回し、本当に楽しそうでした。

今回はキドキドに行ったことがない人の

キドキドってどんなところ?

という疑問に答えたいと思います。

ボーネルンド・キドキドって何?

キドキドはボーネルンドが運営する屋内遊技場のような場所です。

主にボーネルンドのおもちゃや遊具が数多く置かれており、自由に遊ぶことができます。

公園や児童館とは違い、有料施設なので清掃が行き届いており整理整頓されて清潔でした。

スタッフさんも多くて子供と一緒に遊んだり、正しい遊び方を教えてくれたり、おもちゃを片付けたりしてくれます。

ボーネルンド・キドキドの入場料は?

キドキドは無料施設ではありません。

そこそこ高いチケット代がかかります。

キドキドホームページより引用

通常料金だと子供は滞在時間に応じて料金が変わってきます。

大人は600円でずっといられますし、両親で交代なども可能です。

ただ、この料金だと大人1人、子供1人で2時間だと2100円です。

これってかなり高いですよね。

2時間なんてあっという間。

そんな人には【平日1DAYパス】がおすすめです。

キドキドホームページより引用

【平日1DAYパス】なら大人1人、子供1人で1100+600で1700円。

この料金で時間無制限で遊べるってコスパ良いですよね。

ただ、平日しか利用できないので休日は高くなってしまうのでお気をつけください。

ちなみに、キドキドは【平日マンスリーパス】も販売しています。

キドキドホームページより引用

駐車場の料金はかかってしまうので、近くに住んでたり、頻繁にコクーンシティに遊びにいく人にはおすすめです。

実際にキドキドに行ってきた!

ではキドキドはどうなところなのか?

とにかくカラフルでおもちゃで溢れる夢の世国でした。

できれば自分も子供の頃に行きたかった、と思うほどです。

コクーンシティに到着!

車でコクーンシティ2に向かいました。

とりあえず駐車場の止めて入口に向かいます。

開店はコクーンシティ2と同じ10時なので、9時30分から入口で待機です。

11月だったのでクリスマスツリーが出てました。

雨が降ってたのですごい寒かったです。

開店を待つならちゃんと厚着していった方が良いです。

そして10時の開店と共にキドキドに一直線!

やってきまし!キドキド!

すでに入口から楽しそうなオーラが溢れています。

いざ、カウンターで簡単な説明をうけ、料金を支払って入場です。

ベビーカーは入口に置き場があるので、畳んで置いておきます。

中は夢の世界が広がっていた!

なんと楽しい世界でしょうか!

本当に子供にとって夢の世界でしょう。

あらゆる種類の遊具がおいてあります。

しかも、ほとんどがボーネルンドのものです。

買ったらすごい高いおもちゃが遊び放題です。

下の青い地面はエアトラック。簡単に言うとエアトランポリンです。

跳ねたり走ったり、大きい子供におすすめです。

エアトラックの横には大きなブロックが置いております。

スタッフさんが面白い感じに置いてくれてました。

端っこには初めて見るブロック(?)が置いてあります。

大人でも少し頭を使うので、子供が自分で組み立てるのは難しいです。

大人が組み立てて子供が潜ったりして遊ぶようです。

エアトラックの端にはエアクッションがあります。

エアクッションは中に入って遊ぶこともできます。

我が家の2歳の息子は怖がって遊んでくれませんでした。

息子が一番楽しそうに遊んでいたのが「おままごと」でした。

手前の台のカゴの中に野菜やパンなどが入ってます。

本格的なキッチンセットです。

レジも置いております。結構、本格的なレジでビックリです。

流行りのクライミングもできます。

大人も入れる大きさのボールプールもあります。

ボールプールは大人も楽しいです。

下の写真の左上は子供が乗ってメリーゴーランドのように回転することができます。

ボールプールの奥にもクライミングがあります。

男の子が大好きな車のおもちゃも置いてます。

磁石で魚釣りもできます。

6ヵ月~18ヵ月まで入れるベビーゾーンとあります。

中には小さいボールプールや手押し車。

休憩スペースには自動販売機もあります。

飲み物はこのエリア内だけで飲むことができます。

自動販売機はお茶やジュースがメインです。

まとめ

是非一度は行ってみてください!

値段以上の楽しさと体験ができます!

あらゆる年齢に対応した遊具があるので兄弟姉妹でも楽しく遊べます!

⬇️合わせて読みたい⬇️

コメント

タイトルとURLをコピーしました