子供服は要注意!トレパンをガス乾燥機【乾太くん】で乾燥したら、縮んだ話!

洗濯

こんにちは、つむ太郎です。

今回は子供服をガス乾燥機に入れたらめちゃくちゃ縮んだ話です。

子育て世代の強い味方【乾太くん】

子供服は外遊びや食事で汚れる機会が多いので、必然と洗濯物も増えてしまいます。

日々の洗濯に疲弊しているお母さん・お父さんも多いのではないでしょうか。

そんな洗濯の負担を減らすのが、「共働き3種の神器」として最近有名になってきたガス乾燥機【乾太くん】です。

洗濯と乾燥が連続でできる洗濯乾燥機とは異なり、乾燥だけを担うガス乾燥機の【乾太くん】。

一見して、洗濯乾燥機にすればいいじゃん?

と思うかもしれませんが、乾太くんの乾燥スピードと容量は洗濯乾燥機の比ではありません。

そのパワーは5kgの洗濯物をわずか約1時間で乾燥することができます!

洗濯乾燥機だと洗濯と乾燥を合わせて5時間以上かかることもあるのに対し、洗濯機+乾太くんだと半分以下の時間で乾燥まで終わらせることができます。

子供服は縮むので要注意!

そんな乾太くん、我が家でも毎日のように稼働して私と妻を献身的にサポートしてくれてます。

ただ、乾太くんに限らず乾燥機の最大の問題は洗濯物が縮むことです。

以下の記事でも書いてますが、基本的にはどんな服・生地でも確実に縮みます。

ガス乾燥機の乾太くんを徹底レビュー。やっぱり縮むけど絶対おすすめ!
ガス乾燥機の乾太くんを2年間使ってみた感想&レビューをまとめます。乾燥機でどのくらい縮むのか部屋干しと比較してみました。

でも、大人の洋服よりも子供服は注意が必要です。

ベビー服や子供服は日々変化する子供の成長に合わせて購入するので、絶妙なサイズを選定して購入する必要があります。

せっかく、子供に絶妙なサイズを選んで購入したのに、乾燥機で縮んで絞まっては台無しです。

しかも、服によって(正確には生地の種類)縮み具合も異なるので、縮むのを計算して大きめの服を購入するのも勇気がいります。

トレパンを乾燥したら縮みました。

我が家でも先日、息子のトレーニングパンツを購入したので初めて乾太くんで乾燥したら、、、めちゃくちゃ縮みました!

赤いパンツだけ乾太くんで乾燥しました。ぱっと見は全然縮んでないように見えますが、、、、

重ねると縮んでるのがよくわかります!

ホントに見た目は確実にサイズダウンです。

しかも、おそらく2サイズぐらい。

息子に着せてみたら、案の定おしりがパッツパツ。

干して乾燥するのは大変なので、もっと大きいサイズを購入すればよかったと反省しました。

まとめ

  • 乾燥機は確実に縮む!
  • 子供服は特に注意!
  • 乾燥するなら大きめを買う!

コメント

タイトルとURLをコピーしました