【おすすめ】「乾太くん」が人気な理由がわかる記事10選

洗濯・乾燥

今回は乾太くんの販売台数が増加していることを記念して、乾太くんのことを詳しく知ることができる記事を10本まとめました。

つむ太郎
つむ太郎

これを読めば乾太くんのことは完璧です

衣類乾燥だけじゃない。3年使ってわかった「乾太くん」の本当に便利な使い方。

乾太くんは普通の衣類乾燥機ではありません。衣類乾燥機を超えた万能家電です。衣類を乾燥するだけでは乾太くんの良さを100%発揮できていないでしょう。この記事を読めば乾太くんを今まで以上に大活躍し、あなたも楽になれますよ。

乾太くんの普及率が上昇中!乾太くんを3年使ったので、その理由を考えてみた。

2019年頃から人気急上昇の乾太くん。販売・設置台数も右肩上がりのようです。今回は乾太くんのヘビーユーザーである私が乾太くんが大人気の理由を考えてみました。

「乾太くん」の購入してわかった導入デメリットと後悔ポイント。問題は場所と大きさ。そして容量不足。

大人気の乾太くんですが、どんなに良い家電でも少なからずデメリットや後悔があるものです。乾太くんは10万円以上しますし大きいので、人によっては後悔しているポイントがあります。

ガス乾燥機の乾太くんを徹底レビュー。やっぱり縮むけど絶対おすすめ!

これを読めば乾太くんの使用感がよく理解いただけると思います。私の乾太くんの使い方や乾燥している衣類、そして衣類の縮み具合までレビューしました。

「乾太くん」の購入を諦めた理由を調査。最大の問題は家族の反対。

乾太くんを購入したくても、様々な問題があって導入できない家庭もあります。この記事では乾太くんを購入したかったけど、諦めた理由をまとめてみました。これから乾太くんの購入を考えている人は必見です。

ガス乾燥機「乾太くん」は家庭用と業務用の違いは?普通の家庭なら家庭用で十分。使用頻度が多いなら業務用がおすすめ。

乾太くんには家庭用と業務用の2種類があります。なんとなく業務用の方が頑丈でしっかり乾燥できそうな印象ですが、普通の一般家庭であれば家庭用で十分です。どんな場合に業務用を選んだ方が良いかは以下の記事をお読みください。

「乾太くん」で乾燥すべき衣類と後悔する衣類。バスタオルは絶対に乾太くんがおすすめ。ガーゼ系は要注意。

乾太くんを使ってみて私が一番楽になったのは、バスタオルの乾燥が1時間で終わることです。バスタオルは毎日何枚も洗濯しますし、干すスペースが必要なのにハンバーにはかけづらいですよね。乾太くんは一度に大量のバスタオルを短時間でふんわり乾燥できるので本当に助かっています。

子供服は要注意!トレパンをガス乾燥機【乾太くん】で乾燥したら、縮んだ話!

子供のトイレトレーニングをやっているとトリーニングパンツを洗濯する機会がものすごく多いですが、トレパンはめちゃくちゃ縮みます。乾太くんで乾燥するなら大きめサイズを購入しましょう。

ガス乾燥機の【乾太くん】は衣類だけじゃない!「くつ」も60分でしっかり乾かす便利家電!

乾太くんは衣類だけでなく「くつ」も乾燥することができます。しかも、小物乾燥棚を使えば「くつ」の型崩れも防いでくれます。乾太くんをお持ちの方は是非おすすめです。

ガス乾燥機「乾太くん」はスタンダードタイプ(8kg)がおすすめ!スタンダードとデラックスの違いってなに?

乾太くんには大きく分けて2つの種類、スタンダードとデラックスがあります。スタンダードには3,5,8kgの3種類がありますが、一番のおすすめはスタンダード(8kg)です。大は小を兼ねる。使い勝手や見た目より、乾燥容量が一番大きいにこしたことはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました