スポンサーリンク

子供の脱走防止!ベビーゲートで防げないならドアノブで対策しよう!

子育て
スポンサーリンク

子供が1歳を越えた頃から特に気を付けなければいけないのが子供の安全対策です。

屋外ではもちろんのこと、家の中にも子供にとっては危険がいっぱいです。

キッチンやトイレ、洗面所など大人では気にしなくていい場所で毎年相当な数の事故が起きています。

一般的にリビングやダイニング、寝室などの居室は安全対策が十分にされており、親の目も届きやすいので事故は起きにくいです。

この時期ママたちが大変なのが部屋からの脱走です。

子供の身長も80cmを越えてくるとドアノブにも普通に届きます。

1度ドアノブに届いてしまうと体重をかければ自然に空いてしまうのが普通のドアでしょう。

そして子供は一瞬の隙をみて脱走するのです(笑)

部屋から出てしまうと階段や玄関、トイレなどの事故が起きやすい場所に簡単にアクセスできてしまいます。

今回はみなさんに是非やってもらいたい我が家で行っている脱走対策をご紹介します。

 

ベビーゲートで対策

最もメジャーな対策ではないでしょうか。

部屋からの脱走だけでなく、部屋内の仕切りやキッチンやテレビボードなどの危険エリアを隔離するのに適しています。

ベビーゲートについてはこちらの記事でまとめてますのでご参照ください。

ドアノブで対策

ベビーゲートでの対策は危険エリアを隔離して子供の安全を確保することに適しています。 

ただ、部屋自体からの脱走をベビーゲートで防ぐことはなかなか難しいでしょう。

そこで我が家では

子供がドアを開けられないように対策をしています。

今回はその一例をご紹介します。

ドアノブを変えてみよう

我が家もそうですが、みなさんの家のドアノブには以下のようなレバータイプではないでしょうか?

このタイプは握りやすく軽い力でドアが開けられるため大人には便利ですが、子供でも手が届けば簡単に開けられてしまうというデメリットがあります。

ドアノブの高さは身長80cmの子供が背伸びをすれば届くため、

「ドアが閉まっているから安心。部屋から出ることはないだろう」

と思っているそこのお母さん、

子供は簡単にドアを開けて脱走します。!

少なくともレバータイプのドアノブは簡単に開けられると思っておいた方が良いと思います。

対策として

ドアノブ変えてみませんか?

以下のような昔ながらの丸型のドアノブに変えるだけで子供はドアを開けられなくなります。

丸型の場合、しっかりとドアノブを握る必要があるため、手が届く程度でドアを開けるのは不可能だと思います。

ドアノブの向きを変えてみよう

ドアノブを変えずとも対策する方法があります。

それは

ドアノブの向きを変えることです。

通常のドアノブは横向きを下に傾けることでドアが開きますが、これでは子供が体重をかければ簡単にドアが開いてしまいます。

そこで、

ドアノブを90°回転させて上向きに付けることで子供が開けられなくすることができます。

我が家ではリビングと寝室だけ以下のようにドアノブの向きを変えています。

これなら体重をかけても簡単にはロックがはずれないため、子供の手がギリギリ届く程度ではドアを開けることはないでしょう。

ドアノブにロックを付けよう

ドアノブ自体や向きを変えることができない場合は別の方法でドアをロックしましょう。

今では以下のような、粘着テープで壁に固定してドアノブの回転を防ぐことで開閉を防止するグッズが多く売られています。

また、簡単に取り付け・外しができる商品も売られています。

工具などが不要ですし子供の大きくなってからも夢遊病や高熱時の徘徊などにも部屋から出ることを防ぐことができます。

ただ、子供のイタズラで部屋の中に閉じ込められないように注意が必要です。

我が家でもドアノブ専用のロックを購入して対応しています。部屋の外側(廊下側)に着けています。

設置はもともと付いてる両面テープです。3Mの両面テープなので接着力も強く大人が力をかけても剥がれません。サイドにある丸いボタンを押すと下側の突起を動かすことができます。

普段の状態
部屋の中に子供がいて脱走されては困るときにロックをかける。

夜に子供が寝ているときなど、部屋から出てしまうと階段など危険なことが多いので重宝してます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。いろいろと子供の脱走防止について我が家での対策をご紹介させていただきました。

家族構成や家の間取りなどで取り入れられないものもありますが、是非導入をご検討いただければと思います。

まとめ

まずはベビーゲートを検討

ドアノブを丸型に交換

ドアノブの向きを変える

ドアノブを外側からロックする

コメント

タイトルとURLをコピーしました