ガス乾燥機「乾太くん」はスタンダードタイプ(8kg)がおすすめ!スタンダードとデラックスの違いってなに?

洗濯

大手ガス器具メーカーのRinnaiが販売しているガス式衣類乾燥機の「乾太くん」。最近はテレビCMもやっているのでこ存知の人も多いと思います。

「乾太くん」ってなに?

乾太くんはRinnaiが販売しているガス式の衣類乾燥機です。ずいぶん昔から販売されているようですが、あんまり有名ではないかもしれません。

最近では洗濯乾燥機の需要や普及に伴い少しづつ知名度をあげてきました。

乾太くんは都市ガスやプロパンガスの燃焼により発生した熱で洗濯物を乾燥します。一般的な洗濯乾燥機は電気で熱を発生させますが、乾太くんの主なエネルギー源はガスになります。

そのため、オール電化の住宅では利用することができません。また、乾燥により発生した湿気をダクトを通じて屋外に排出するため、洗面所の壁に穴をあける必要があります。

このあたりが導入の障壁になるため、なかなか普及が進んでない様子です。

👇 乾太くんについてはこちら👇

ガス乾燥機の乾太くんを徹底レビュー。やっぱり縮むけど絶対おすすめ!
ガス乾燥機の乾太くんを2年間使ってみた感想&レビューをまとめます。乾燥機でどのくらい縮むのか部屋干しと比較してみました。

乾太くんのシリーズは乾燥容量が違う

乾太くんには仕様の異なる2モデルが展開されています。

・スタンダードモデル (乾燥容量:3kg , 5kg , 8kg)
・デラックスモデル (乾燥容量:5kg)

以前のスタンダードモデルは3kg、5kgのみでしたが、2019年1月から8kgも販売が始まりました。

スタンダードとデラックスの違い

スタンダードとデラックスの違いは乾燥容量だけではありません。

デラックスは見た目がスタイリッシュ

スタンダードは開閉扉が丸くて小さいですが、デラックスは全面全体が開きます。デラックスは全面だけでなく左右も白色で統一されており、機械感のないスタイリッシュな見た目です。

ホコリ取りフィルターの位置

スタンダードはホコリ取りフィルターがタンブラーの奥に設置されてますが、スタンダードでは全面の開閉扉にあります。そのため、取り外しやすく掃除をするのが面倒ではありません。また、スタンダード8kgタイプは奥行きが長いので奥にあるフィルムを掃除するのは身長の低い人だと余計に面倒です。

デラックスは前面扉にフィルターがある

乾燥モードの種類

デラックスはスタンダードよりも多くの機能が搭載されています。

【デラックスのみの機能
・消臭運転
・静音ドラム
・静電気低減機能

ただ、実際は標準コース、厚物コース、シーツ/毛布コースがあれば十分だと思います。

デラックスの操作パネル

買うなら絶対スタンダードの8kgタイプ

前述した通り、見た目や性能ではデラックスタイプの方が優秀です。

ただ、それでも私はスタンダードの8kgを強くおすすめします。

なぜなら衣類乾燥機を導入する目的が「大量の洗濯物を乾燥すること」だからです。

見た目や乾燥モード、メンテナンスが少し劣っていても、乾燥容量8kgは魅力的すぎです。

最新のドラム式洗濯乾燥機の乾燥容量が6kg程度なのを考えると、乾太くんがどれだけ優秀かおわかりいただけると思います。

まとめ 

・買うならスタンダード 8kg
・メンテナンスはデラックスの方が楽
・見た目はデラックスの圧勝
・乾燥モードは少なくても大丈夫

⬇️合わせて読みたい⬇️

コメント

タイトルとURLをコピーしました