「乾太くん」スタンダードとデラックス4つの違い。おすすめはスタンダードタイプ(8kg)

今回は乾太くんをこれから購入する人が悩むこと

スタンダードとデラックスは何が違うの?
どっちを買えば良いの?

という疑問にお答えします。

この記事の結論
  • 買うならスタンダード 8kgが絶対おすすめ
  • メンテナンスはデラックスの方が楽
  • 見た目はデラックスがスタイリッシュ
  • 乾燥モードは標準・厚物だけで十分

乾太くんの設置方法についてこちらの記事で詳しく解説しています。

>>「乾太くん」設置までの完全ガイド。設置方法と注意点。

>>「乾太くん」リフォーム設置する方法。注意点と業者の選び方を徹底解説

スタンダードとデラックス4つの違い

スタンダードとデラックスの違いを説明します。

スタンダードとデラックス4つの違い
  • 乾燥容量が違う
  • 見た目が違う
  • フィルターの位置が違う
  • 乾燥モードの種類が違う
kanta-how-to-model
引用元:Rinnaiホームページ
モデル重さ[kg]高さ[cm]幅[cm]奥行[cm]
スタンダード
3kg
24.560.955.050.6
スタンダード
5kg
3168.465.056.1

スタンダード
8kg

3368.465.064.1

デラックス
5kg

4168.465.454.5

乾燥容量が違う

スタンダードとデラックスの大きな違いは乾燥容量です。

デラックスは5kgモデルしかありませんが、スタンダードは3kg, 5kg, 8kgの3モデルが販売されています。

モデル3kg5kg8kg
スタンダード
デラックス××

以前のスタンダードモデルは3kg、5kgのみでしたが、2019年1月から8kgも販売が始まりました。

厚物モードで乾燥すれば最大9kgまで乾燥することができます!

スタンダード5kgと8kgは耐久性・メンテナンス性に優れた業務用も販売されています。

>>「乾太くん」家庭用と業務用の違いを解説。普通の家庭なら家庭用で十分。

デラックスは見た目がスタイリッシュ

スタンダードは開閉扉が丸くて小さいですが、デラックスは全面全体が開きます。

デラックスは全面だけでなく左右も白色で統一されており、機械感のないスタイリッシュな見た目です。

ホコリ取りフィルターの位置

スタンダードはホコリ取りフィルターがタンブラーの奥に設置されてますが、スタンダードでは全面の開閉扉にあるので掃除が簡単です。

モデルフィルターの位置
スタンダードドラム内の奥面
デラックス全面扉の裏面
デラックスは前面扉にフィルターがある

スタンダードはフィルターが奥面に設置されているため、フィルターの取り外しが大変です。

特に8kgタイプは奥行きが長いので、身長の低い人はフィルターを掃除するのが大変です。

もし身長が低い人は洗濯機の上に設置せず、洗濯機の横に置くことでフィルター掃除を楽にすることをおすすめします。

こちらはkeroさんから提供いただきました。
keroさんのインスタグラム

機能の違い:デラックスは多機能

デラックスはスタンダードよりも多くの機能が搭載されています。

モデル

スタンダード
3kg

スタンダード
3kg

スタンダード
3kg


デラックス
5kg
標準    
エコ    
厚物    
デリケート    
シーツ/
毛布
    
ドラム
除菌
    
タイマー
運転
    
消臭
運転
    
静電気
低減
    
静音
ドラム
     
デラックスのみの機能
消臭運転
静音ドラム
静電気低減機能
デラックスの操作パネル

ただ、実際は標準コース、厚物コースがあれば十分です。

つむ太郎
つむ太郎

私は標準と厚物コースしか使ってません。

買うなら絶対スタンダードの8kgタイプ

見た目や性能ではデラックスタイプの方が優秀です。

ただ、それでも私はスタンダードの8kgを強くおすすめします。

なぜなら衣類乾燥機を導入する目的が「大量の洗濯物を乾燥すること」だからです。

見た目や乾燥モード、メンテナンスが少し劣っていても、乾燥容量8kgは魅力的すぎです。

最新のドラム式洗濯乾燥機は最大7kgなので、乾太くんがどれだけ優秀かおわかりいただけると思います。

こんな人にはスタンダード8kgがおすすめ!
  • 共働きで忙しいから一度で乾燥したい
  • 洗濯物が多い
  • 休日にまとめて洗濯したい
  • シーツや毛布も乾燥したい

スタンダード8kg【オススメ】でもデメリットあり!

デメリット①:大きさ+デリケートコースなし

大容量で最大9kg(厚物コース)の乾燥ができるスタンダードタイプ8kgタイプ。

でも、デメリットもあります。

スタンダード8kgのデメリット
  • 乾太くんで最大
    ➡身長が低いと奥まで届かない
  • デリケートコースがない
    ➡熱に弱い衣類が乾燥できない

スタンダード8kgは奥行64cmとシリーズ最大サイズ。洗濯機の上に設置すると身長が低い人だとと奥まで手が届かず、フィルター掃除が大変です。

踏み台を使用するか、乾太くんを横置きにすると洗濯物の入れ替えが楽になります。

また、業務用にすればフィルタ掃除の頻度を減らすことができるので、身長が低い人は検討してみてください。

>>「乾太くん」家庭用と業務用の違いを解説。普通の家庭なら家庭用で十分。

デメリット②:初期費用がかかる【価格が高い】

スタンダード8kgは乾太くんの中でもトップクラスの価格です。一番安いスタンダード3kgより5万円以上高いです。

なので、初期費用を少しでも抑えたい人は他のモデルも検討しましょう。

乾太くんの初期費用はこちらの記事でも詳しく解説しています。

>>「乾太くん」の設置費用を徹底解説。基本は約20万【見積もり公開】

そんなこと言ってもスタンダード8kgを安く設置したいんだけど・・・

実際はどこに見積もり依頼すれば良いんだろう・・・

乾太くんを購入したいけど、どの会社にお願いしたらよいのかわからない・・・そんな人も多いです。そんな時はガス会社かリフォーム会社にしましょう!

つむ太郎
つむ太郎

まずガス会社 or リフォーム会社に見積もりを依頼しましょう!

中古住宅や建売住宅、リフォームで乾太くんを設置する時の業者の選び方・探し方はこちらの記事で詳しく解説しています。

>>「乾太くん」優良業者の選び方【相見積もり】のデメリットと解決策を解説

スタンダードとデラックス違いのまとめ

デラックスとスタンダードの違いをしっかり理解したうえで、どのモデルを購入するか考えてみてください。

つむ太郎
つむ太郎

私は絶対にスタンダード8kgがオススメです。

この記事の結論
  • 買うならスタンダード 8kgが絶対おすすめ
  • メンテナンスはデラックスの方が楽
  • 見た目はデラックスがスタイリッシュ
  • 乾燥モードは標準・厚物だけで十分

乾太くんは新築でなくてもリフォームで設置することができます!
リフォームで設置する方法はこちらの記事で詳しく解説しています。

>>「乾太くん」リフォーム設置する方法。注意点と業者の選び方を徹底解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました