「乾太くん」リフォーム設置する方法。注意点と業者の選び方を徹底解説

乾太くんをリフォームして設置したいけど、

どこに依頼したら良いかわからない。

いくらでリフォームできるんだろう・・・

こんな理由で乾太くんを諦めていませんか?

今回はリフォームで乾太くんを設置する方法・業者の選び方・注意点を解説します。

「乾太くん」リフォームで設置する【4ステップ】

kantakun-reform
引用元:Rinnaiホームページ(https://www.rinnai.co.jp/)

いざ乾太くんを設置したいと思っても、何して良いのかわからない・・・

そんな人のために、「リフォームで設置する4ステップ」をご紹介します。

乾太くん【リフォーム】4ステップ

step.1_乾太くんの設置場所を決める

乾太くんを設置する場所(洗面所やベランダ等)を決めます。

この時点ではざっくりで大丈夫です。詳細なことは設置業者さんと調整しましょう。

step.2_リフォーム業者を決める

次にリフォーム会社を決めて見積もりを依頼します。

乾太くんを購入したいけど、どこにお願いすればいいのかわからない・・・

少しでも安くリフォームしたいけど、どの業者が安いの?

乾太くんの設置費用は10万~25万くらいが相場ですが、少しでも安い業者に依頼したいですよね?

自分で複数の業者から見積もりを貰えば比較できますが、業者探し・メールや電話のやり取りは大変。そんな時は完全無料のリフォーム一括見積もり【リショップナビ】がおすすめです。

リショップナビはリフォーム内容や住宅情報(築年数や状態など)を入力すると最適なリフォーム業者を最大5社紹介してくれるサービス。

2020年実績数・提携業者数No.1【リショップナビ】の特徴やデメリット、申し込み方法はこちらで解説しています。

step.3_現場調査

業者さんと日程調整して乾太くんが設置できるか、現場を見て確認してもらいます。

希望の設置場所や配管の位置などをしっかりと伝えてください。

希望の場所に設置できない時も、業者さんが代替え案を考えて提案してくれます。

step.4_設置工事は1日で完了

見積もり内容に納得ができたら契約して設置工事に入ります。

工事内容によりますが、乾太くんを設置するだけなら1日で終わります。

ガス配管の増設などが必要だと数日かかる場合があるので、事前に確認しましょう。

「業者選び」は【リショップナビ】がおすすめ!

リフォームでは業者選びが大切です。ここではリフォーム業者を簡単に探すことができるリフォーム一括見積もり【リショップナビ】を紹介します。

あなたはこんな悩みを持っていませんか?

  • どの業者に依頼すれば良いのかわからない
  • 提案された価格が適正なのかわからない
  • リフォームしたいけどアイディアがわかない

この悩みを簡単に解決してくれるのが【リショップナビ】

  • 最大50%お得なリフォーム会社が見つかる
  • 2020年リフォーム実績数No.1
  • 提携企業数トップの1,500社
安心リフォーム保証付き

リフォーム内容や価格が適正なのかは1社の見積もりではわかりません。

【リフォーム一括見積もり】はリフォーム内容や住宅情報(築年数や状態など)を入力するだけで、最適なリフォーム業者を選んで紹介してくれます(最大8社)。

紹介されたリフォーム業者に一括で見積もり依頼ができるので、自分でリフォーム業者を探す必要はありません。

乾太くんは見積もり依頼~設置まで1週間で設置できる可能性があります。

リフォーム一括見積もりで紹介された業者に納得できなければ断れるので、見積もりだけでも依頼することがおすすめです!

【リフォーム一括見積もり】のメリット・デメリット

一括見積もり
メリット
  • 希望に合ったリフォーム業者が見つかる
  • 最大8社の見積もりがネットで簡単依頼
  • 審査と通過した優良リフォーム業者
  • 簡単に断れる
一括見積もり
デメリット
  • 登録されているリフォーム業者しか選べない
  • 会社選定・選びに時間がかかる

自分で優良かつ最適価格のリフォーム業者を見つけるには時間も労力も必要です。

これを代わりに対応してくれるのが【リフォーム一括見積もり】最大のメリットです。

しかも、【リフォーム一括見積もり】に登録されているリフォーム業者は一定の審査をクリアしているつため、悪質業者は登録できません。

【リフォーム一括見積もり】には2つのデメリットがあります。

まず、登録されているリフォーム業者しか紹介されません。ただ、サイトによって厳選された1,000社以上のリフォーム業者が登録されているため、全国エリアで対応ができます。

また、専門スタッフが依頼者とリフォーム業者の間に入るので、直接リフォーム業者とやりとりするよりも時間がかかります。しかし、口コミによると依頼翌日に見積もり、4日後に施工してくれた例もあり、丁寧かつスピーディーな対応も魅力です。

2020年実績数・提携業者数No.1「リショップナビ」がおすすめ

【リフォーム一括見積もり】選びで迷ったら2020年実績数・提携業者数No.1「リショップナビ」がおすすめです。

サイト提携
企業数
紹介
会社数
専門
オペーレター
匿名
依頼
保証
制度
実績
リショップナビ

約1,500社最大5社あり対応不可あり2020年
リフォーム
実績数No.1
ホームプロ
約1,200社最大8社なし対応可能あり利用者数
累計80万人
タウンライフ
リフォーム

約300社最大3社なし対応不可なし

リショップナビのおすすめ理由
  • 提携企業1,500社なので乾太くん(ガス工事)に対応できる業者が見つかる
  • ネット申し込み時にリフォーム内容を入力するので専門スタッフが内容に沿った業者を紹介してくれる。
  • 専門スタッフがリフォーム業者を仲介するから余計な業者からメールや電話がこない。
  • 「安心リフォーム保証」でリフォーム工事中の事故で住まいに損害があった場合や、引き渡し後1年以内に工事瑕疵があった場合の損害を保証してくれる
安心リフォーム保証の詳細な内容は以下公式サイトより適用条件等をご確認ください。

「リショップナビ」はリフォーム一括見積もりで提携業者数が最多の約1,500社。提携業者が少ないと1社しか紹介されない、といった問題が発生しますがリショップナビなら安心です。

工事内容や見積もりに納得できなければ断ることができます。

相見積もりが前提のサービスなので、断っても問題ありません。

リフォームしたいけど、できるのかな?いくらかな?と思ったら、【リショップナビ】に依頼してからじっくり考えることもできます。

つむ太郎
つむ太郎

断るのも簡単なので、とりあえず見積もり依頼してからじっくり考えましょう!

「リショップナビ」の申し込み方法【簡単30秒で完結】

リショップナビがおすすめのはわかったけど、ネット申し込み方法がよくわからない・・・

【リショップナビ】では3つのステップで申し込みができます。

【リショップナビ】の申し込みフロー
  • Step.1
    見積もり依頼

    お見積もり依頼は簡単30秒で入力完了!

  • Step.2
    コンシェルジュが業者を紹介

    リショップナビ専門スタッフがご希望に合わせてリフォーム業者を最大5社選定しご紹介

  • Step.3
    リフォーム会社を比較検討

    ご紹介した会社を比較・検討!複数社の比較で最安値の会社が見つかります。

<リショップナビの申し込方法>

  • 最大50%お得なリフォーム会社が見つかる
  • 2020年リフォーム実績数No.1
  • 提携企業数トップの1,500社
安心リフォーム保証付き

「乾太くん」をリフォーム設置する注意点

専用台を設置するために洗濯パン移設・排水管工事が必要

「洗濯パン」とは洗濯機や排水ホースから水漏れした場合に受け皿になって床材へのダメージを軽減してくれます。

乾太くんの専用台は3種類(低・中・高)があり、洗濯機の上に設置できる(高)は幅が7段階に可変できますが、洗濯パンや洗濯機のサイズによっては専用台が干渉して設置が難しい場合があります。

こうなったら、洗濯パンを移設もしくは撤去する必要がありますし、排水がジャバラホースでない場合は排水管工事が必要になってしまいます。

専用台(高)の幅

幅649、686、722、767、812、849、885㎜

洗濯パンの一般的なサイズ

  • 幅640㎜×奥行640㎜
  • 幅740㎜×奥行640㎜
  • 幅800㎜×奥行640㎜

乾太くん専用台の特徴やデメリットはこちらの記事で詳しく解説しています。

>>【乾太くん】専用台3年使った感想。3つの特徴とデメリット解説。

洗濯機の上に設置すると窓がつぶれる

一軒家だと洗濯機の上部に窓を設けていることがありますが、乾太くんを設置すると間違いなく窓が潰れます。

乾太くんを設置すると窓の開閉はできないので、換気や窓掃除が大変になります。

新築より工事・設置費用がかかる

リフォームだと新築設置に比べて費用が多くかかります。

必要のない項目もありますが、間取りや設計によってはこれ以上に高額になる可能性もあり、しっかりと見積もりを確認しましょう。

項目想定費用
洗濯パン移動15,000円
排水管工事5,000円
気密処理
(必要に応じて)
15,000円
排気ダクト施工20,000円
乾太くんの設置費用15,000円
ガス工事15,000~20,000円
乾太くんリフォーム設置にかかる項目と費用(例)

気密処理は高気密断熱住宅に必要な処理です。
必要かはリフォーム業者と確認しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました