>>「乾太くん」リフォーム設置する方法はコチラ

「乾太くん」の設置費用を徹底解説。基本は約20万【見積もり公開】

乾太くんの設置費用ってどのくらい?
見積もりってどのくらい?
安くする方法ってないの?

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事でわかること
  • 乾太くんの設置費用がわかる
  • 乾太くんを安く購入する方法がわかる

「乾太くん」の設置費用

「乾太くん」設置費用は約20万

先に結論です。

18万~22万くらいです。

乾太くんの設置費用の内訳
  • 乾太くん本体価格
  • 取付設置費
  • 工事費(穴あけ工事+ガス工事)
  • オプション代(ダクトやコード等)
  • 専用の設置台の購入費用

一番高いのが乾太くんの本体価格。

都市ガス会社で購入する場合の定価はこちらです。

モデル東京ガス大阪ガス
スタンダード(3 kg)¥107,800¥96,000
スタンダード(5 kg)¥140,800¥115,000
スタンダード(8 kg)¥173,800¥140,800
デラックス(5 kg)¥173,800¥136,000

取付設置費は乾太くんを搬入・設置してもらう手間賃です。

ガス会社で購入すると有料ですが設置も請け負ってもらえます。

工事費は穴あけ工事・ガス工事の費用です。

穴あけ工事やガス工事は壁の種類やガス主幹の位置などにより変動します。

乾太くんを設置する場合、専用の設置台を購入する場合が多いです。

専用設置台の使用レビューについて詳しく知りたい人はこちらを読んでみてください。

>>乾太くんの専用設置台を3年使ってみた感想

設置台や部材(排湿筒セット)もオプション品として購入します。

オプション品の小物乾燥棚はめちゃくちゃ便利です。

小物乾燥棚の使用方法について詳しく知りたい人はこちらを読んでみてください。

>>「乾太くん」は小物乾燥棚で「くつ」も乾燥できる

実際の設置費用は17万だった(値引きあり)

つむ太郎が乾太くん(デラックス)を新築に設置したときの見積もりを公開します。

設置費用の見積もり:合計17万円

項目金額(税込み)
乾太くん デラックス 5kg¥143,640定価は¥173,800
専用設置台(高)¥19,224ネット価格と一緒
アルミ簡易排湿筒セット¥11,016ネット価格と一緒
ガスコード¥4,395ネット価格と一緒
取付費¥19,440標準で2万くらい
値引き¥27,715
合計¥170,000

家を建てるときにガス栓増設・排湿筒を通す壁の穴を開けたので工事費はかかりませんでした「乾太くん」設置費用は購入方法によって変わる

乾太くんは購入方法によって設置費用が変わります。

乾太くんの購入方法
  • ガス会社で乾太くん購入+取付設置
  • ネットで乾太くん購入+ガス会社で取付設置
  • ネットで購入+自分で取付設置

一番安く済むのはネットで購入して自分で設置です。

設置台や排湿管も乾太くんとセットで購入できます。

ただ、自分で設置するのはすごい大変です。

できれば、設置だけでも業者にお願いしましょう。

つむ太郎
つむ太郎

乾太くんを設置できる優良業者の探し方はコチラで解説しています。

>>「乾太くん」優良業者の選び方。【相見積もり】のデメリットと問題点を解説

新築ではなくリフォームで設置する方法はこちらの記事で詳しく解説しています。

>>「乾太くん」リフォーム設置する方法。注意点と業者の選び方を徹底解説

「乾太くん」設置費用を抑える4つの方法

乾太くんの設置費用を抑える方法をご紹介します。

  • リフォーム比較サイトで依頼する
  • ネットで購入する
  • ガス機器会社で設置込みで購入する
  • リースを検討する


「リフォーム比較サイト」で優良業者に適正価格で依頼する

「リフォーム比較サイト」は無料で簡単にリフォーム業者を紹介してくれるサービスです。

複数のリフォーム業者に一括で見積もりを依頼できるので、時間と手間を削減できます。

厳しい審査をクリアしたリフォーム業者だけが登録されているため悪質業者を紹介される心配はありませんし、一括見積もり独自の保証制度を設けているサービスもあり安心して利用することができます。

リフォームで設置する方法リフォーム比較サイトはこちらの記事で詳しく解説しています。

>>「乾太くん」リフォーム設置する方法。注意点と業者の選び方を徹底解説

「乾太くん」ネットで激安で購入できる

乾太くんはAmazonや楽天で安く購入できます。

Amazonだとスタンダード(5kg )が82,700円(東京ガスだと約14万)。

ただし、Amazonは取り付け工事はしてくれません。

楽天では設置工事込みの販売もあるので、購入する時はガス会社の見積もりと比較してみましょう。

つむ太郎
つむ太郎

ネットで乾太くんを購入する時のメリットや注意点はこちらでまとめています。

>>乾太くんをネットで購入するデメリットと後悔しないための注意点

正直なところ、ネット購入して業者に設置してもらうのが一番費用を抑えられて簡単です。ネット購入して業者に設置してもらう方法はこちらの記事で解説しています。

>>「乾太くん」を最安で設置する方法!施主支給(ネット購入)と相見積もりを最大限に活かす

ガス機器会社で設置込みで購入する

地元のガス機器会社で購入するのもおすすめです。

ガス機器会社の価格(例)

スタンダード(5kg)

本体価格+取り付け工事費+処分費

=150,800~

ガス工事費は別料金ですが、設置場所にガス栓があれば問題ありません。

東京ガスだと定価で200,000円を超えるのに、諸々コミで15万円台はめちゃくちゃ安いです。

つむ太郎
つむ太郎

ガス機器の会社なら購入から設置までお願いできます。

初期費用を抑えるならリースを検討する

乾太くんは定額リースもあります。

有名なのは東京ガスが展開するバリューリース

リース期間が終わると買い取ることも可能ですが、リースの場合は購入よりも初期費用の合計は多くなります。

バリューリースは初回設置費用や修理サービスも月額料金に含まれているため、初期費用を抑えたい人におすすめです。

>>東京ガス「バリューリース」乾太くんの3つの特徴と注意点

「乾太くん」とドラム式の費用比較

誰もが悩む 乾太くん or ドラム式洗濯乾燥機のどちらを買うか。

これらの設置費用を比較はこちら

乾太くんドラム式洗濯乾燥機
乾太くん:18万~22万25万~30万
縦型洗濯機:8万~12万
合計26~34万25万~30万

乾太くんは洗濯機を別に購入しなければいけません。

乾太くんと縦型洗濯機だと合計30万くらいなので、ドラム式洗濯乾燥機と同じくらいの設置費用です。

乾太くんドラム式の違いについてはこちらの記事で詳しくまとめています。

>>「乾太くん」とドラム式洗濯乾燥機を徹底比較【8つの違い】

乾太くんの設置費用まとめ

乾太くんにかかる設置費用は約20万です。

ドラム式洗濯乾燥機と同じくらいの金額なので絶対に乾太くんがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました