「乾太くん」標準装備マンションはコチラ

「乾太くん」が子育て・ワンオペに超オススメな理由【6選】徹底解説

スポンサーリンク

乾太くんは「日本子育て支援大賞2020」(一般社団法人日本子育て支援協会)を受賞するなど、多くの子育て世帯から大注目を集めているアイテムです。

今回は、乾太くんのオススメポイントを6つご紹介し、なぜ子育て世帯から人気があるのか徹底解説いたします。

また、乾太くんが必要無いケースも2つご紹介するので、ご自身が当てはまるかどうか確認してみましょう。

スポンサーリンク

「乾太くん」がオススメな理由6選

乾太くんが子育て世帯にオススメな理由は、主に6つあります。

  • 24時間いつでも乾燥できる
  • おねしょ・吐き戻しもストレスフリー
  • 上履き・靴も気軽に洗える
  • 幼稚園・保育園の大量の洗濯物も大丈夫
  • 服の枚数を減らせて経済的
  • 子供をおんぶしながら洗濯物を干さなくていい

24時間いつでも乾燥できる

育児をしていると、忙しくて洗濯物を干す時間さえありません。

日中は子供の世話で手一杯になり、結局は夜に家事が残ってしまいます。

しかし、夜に洗濯物を干すと中々乾きにくいし、夜露で湿ることもあります。

そんな時には乾太くんが役に立ちます。

約1時間でしっかり乾燥できるので忙しい育児の強力なサポートになります。

また、忙しい中で洗濯物の干し忘れをしてしまいがちですが

もう一度洗いなおして乾燥しても2時間程度で終わるので焦る必要はありません。

おねしょ・吐き戻しもストレスフリー

子育てをしていると子供のおねしょや吐き戻しに悩まされます。

おねしょや吐き戻しは衣服だけでなく寝具まで汚してしまうもの。

特に夜中に気付いてしまうとウンザリしませんか?

乾太くんがあれば、夜でも雨でも早急に対応できるのでかなりストレスが緩和されます。

急きょ洗濯することになった大きな寝具も、しっかり乾かせる乾太くんは子育ての最強アイテムです!

その他にも、お皿をひっくり返した場合にも対応できたり、子供の予測不能な行動に対して寛容になれます。

上履き・靴の汚れも気軽に洗える

乾太くんは「くつ」も乾燥できます。

子供の靴ってすぐに汚れてしまいませんか?

お外で駆け回って泥がついたり、上履きも知らず知らずに汚れます。

とはいえ靴は中々乾きにくく、晴れの日の天日干しでも6、7時間程度かかるので洗うタイミングが難しい。

ヘアドライヤーを使って乾かしても、思うように乾かず途中で断念。

しかし、乾太くんを使えば気軽に洗うことができます。

学校から持ち帰ってきた上履きも1時間程度でしっかり乾かせるので

次の日には綺麗な上履きを履かせられます!

靴の乾燥については以下の記事にまとめていますのでご参照ください。

>>「乾太くん」は小物乾燥棚で「くつ」も乾燥できる。1足60分でしっかり乾燥。

保育園・幼稚園の大量の洗濯物も大丈夫

保育園や幼稚園では、寝具や遊び着を週末にまとめて持ち帰ることがあるので

一度に多くの洗濯をしなくてはいけません。

それなのに、週末の天気が悪いとコインランドリーに行くことに・・・。

しかし乾太くんがあれば週末の大量の洗濯物もストレスなく乾燥できます。

かさばる布団も70分程度で問題なく乾燥できますし、

大量の服だって2,3回に分けて洗濯~乾燥しても、ほんの数時間ですべて終えられるのがとても嬉しいです。

寝具の乾燥に関する記事はこちら

>>「乾太くん」で布団のダニを一網打尽にしよう。羽毛布団も短時間なら大丈夫。

子供服の数を減らせて経済的

子供は汗や汚れ、お漏らしや吐き戻しで着替えが多くなります。

保育園や幼稚園でも1日に3回、4回の着替えなんてよくあることです。

そのため子供服が足りなくならないように、枚数を多く持ちたくなりますが

乾太くんを使えばサクッと洗濯〜乾燥まで出来るので、必要な枚数を減らせます。

子供は成長速度も速いので、買い替え頻度が高くなり衣服にお金がかかりがちですが

服の枚数を減らすことができてとても経済的!

さらに服の収納スペースや収納棚も不要になるのでさらに効果絶大です。

子供をおんぶしながら洗濯物を干さなくていい

これは特にワンオペ育児にオススメする理由のひとつです。

小さなお子さんの場合、少し目を離した隙に危ないものを触ったり

抱っこをやめると大泣きしてしまうことがよくあります。

なので、仕方なくおんぶをしながら洗濯物を干すことになりますが

これは、いくら小さな子供でもかなり体力が奪われる作業です。

乾太くんがあれば、洗濯物をそのまま乾燥機に入れてスイッチを押すだけなので

目を離す時間を格段に短縮できます。

知らず知らずに溜まっていく疲労を、少しでも軽減できる乾太くんは

ワンオペ育児の強い味方です。

「乾太くん」が必要ない人はどんな人?

乾太くんにはメリットがたくさんありますが、中には乾太くんがあまり必要ない人もいます。

  • 寝室と洗面所が近い
  • レース服やガーゼ素材の子供服が多い

寝室と洗面所が近い

乾太くんはパワフルな分、どうしても音や振動が気になります。

中には乾燥終了のブザー音が気になるという人も。

寝室と洗面所が近い場合は、子供の睡眠を妨げてしまう恐れがあるので注意が必要です。

また、子供が音に敏感な場合は怖がってしまうこともあるので、そのことをしっかり考慮しましょう。

対策としては、子供の寝室を洗面所から遠い場所に用意したり、子供が遊んでいるときに乾燥するなどが考えられます。

ちなみに終了ブザー音は以下の手順で消すこともできます。(型式によって操作方法が異なります)

  1. 扉を閉めた状態で「電源入/切」スイッチを押す
  2. 「コース」スイッチと「タイマー」スイッチを同時に2秒以上押す
  3. 時間調整の「▼」スイッチを押し、残り時間を「00」に合わせる
  4. ※ブザーが鳴るように戻す際は同じ操作を行い、③を「01」に合わせる

レース装飾やガーゼ素材の服が多い

レース装飾やガーゼ素材の服を乾太くんで乾燥すると

どうしても生地を傷めたり、クシャクシャになります。

特に小さいお子様の場合は、ガーゼや綿が素材の服が多いので

乾太くんには不向きです。

縮むことを考慮して、あえて大きめのサイズを購入したり、

乾燥機に対応した衣類を選ぶことをオススメします。

もしくは、レースやガーゼ素材のタオルや衣類は別で干すことで対応可能です。

>>ガス乾燥機の乾太くんを徹底レビュー。やっぱり縮むけど絶対おすすめ!

乾太くんが子育て・ワンオペに超オススメな理由のまとめ

乾太くんは「日本子育て支援大賞2020」を受賞するなど、忙しいお父さん・お母さんの強い味方として注目を集めています。

乾太くんが子育て・ワンオペに超オススメな理由は以下の通りです。

  • 24時間いつでも乾燥できる
  • おねしょ・吐き戻しもストレスフリー
  • 上履き・靴も気軽に洗える
  • 幼稚園・保育園の大量の洗濯物も大丈夫
  • 服の枚数を減らせて経済的
  • 子供をおんぶしながら洗濯物を干さなくていい

一方で、「乾太くん」が必要無い人の特徴は以下の通りです。

  • 寝室と洗面所が近い
  • レース服やガーゼ素材の子供服が多い

コメント

タイトルとURLをコピーしました