ダニ対策は外干しでは不十分!?ガス乾燥機「乾太くん」で布団のダニを一網打尽!

洗濯

冬もダニには要注意

寝具(まくら、毛布、シーツ)などは寝ている間の汗で、想像以上に湿気を持っています。

湿気を持った寝具はまさにダニの温床です。ダニは一般的に6-8月くらいに活発に動くといわれています。これは夏にかけて高温多湿な状態が長く続くからです。

ただ、最近の住宅では気密性が高い構造が多く、夏以外の時期でも部屋の湿度が高いことも多いです。また、冬は寒くて乾燥しているから大丈夫だと思っていても、毛布や羽毛布団で覆われた寝具は気密性・保温性が高く、汗などを吸って多湿な状態となってしまいます。

ダニ対策は外干しでは不十分!?

一般的にダニの対策として取られている布団の外干し。日光に当てることでダニを駆除している、、、と思っている人も多いと思います。しかし、残念ながらダニは日光に当てるだけでは死なないのです。ダニを駆除するためには最低50℃にする必要があります。さすがの日光でも布団の内部を50℃以上にするには難しいです。

ダニを駆除するためには?

ではダニを駆除するためにはどうすればよいのでしょうか?

答えは簡単です。「物理的に除去」するか熱をかけて殺菌」するかの2方法になります。

「物理的に除去」は掃除機で吸い取ったりすることです。ダイソンくらいのハイパワー掃除機であればダニを吸い取ることも可能でしょう。ただ、そこそこ手間はかかってしまいます。

「熱をかけて殺菌」 は布団乾燥機が利用できます。布団乾燥機は最大だと70℃まで温度が上がります。ダニは60℃まで温度を上げれば即死するので非常に効率的です。

ただ、布団乾燥機は電気式が多いので、結構電気代がかかってしまいます。

「乾太くん」で簡単にダニを駆除

我が家では簡単に大量の寝具のダニ駆除をするためにガス乾燥機の乾太くんにかけています。

⬇️乾太くんを知らない人はこちら⬇️

ガス乾燥機の乾太くんを徹底レビュー。やっぱり縮むけど絶対おすすめ!
ガス乾燥機の乾太くんを2年間使ってみた感想&レビューをまとめます。乾燥機でどのくらい縮むのか部屋干しと比較してみました。

乾太くんで乾燥した衣類などは最大75℃、最低65℃程度まで温度が上がるため、確実にダニを除去することができます。また、タンブラー式で回転しながら乾燥するため、熱で死滅したダニの死骸もはたき出されてフィルターでホコリと一緒に除去することが可能です。

布団乾燥機だと熱でダニを死滅することは可能ですが、ダニの死骸を除去することはできません。ダニの死骸はアレルギーの原因ともなります。布団乾燥機を利用する場合はでも軽く掃除機をかけることをお勧めします。

「乾太くん」で乾燥できない寝具は?

乾太くんはガスを熱源としているため、高温の温風で一気に乾燥させます。そのため、熱に弱い寝具は乾燥することができません。私はタオルケット・毛布・シーツは2日に1回のペースで洗濯機で洗濯してから乾太くんで乾燥しています。

ただし、マクラは内部にプラスチックの緩衝材を含んでいるタイプを使用しているため、溶ける可能性を危惧して乾太くんでの乾燥は行っていません。

また、敷布団やベッドマットレスは大きすぎて乾太くんに入らないので諦めました。我が家で使用しているのは5kg(デラックスタイプ)のため8kg(スタンダードタイプ)であれば可能かもしれません。

ガス乾燥機「乾太くん」はスタンダードタイプ(8kg)がおすすめ!スタンダードとデラックスの違いってなに?
大手ガス器具メーカーのRinnaiが販売しているガス式衣類乾燥機の「乾太くん」。最近はテレビCMもやっているのでこ存知の人も多いと思います。「乾太くん」ってなに?乾太くんはRinnaiが販売しているガス式の衣類乾燥...

また羽毛布団は羽毛の油分が除去されてダメージを受ける可能性があるため、頻繁には乾燥していません。ただ、季節の終わりに片づける前に短時間だけ乾燥しています。羽毛布団を乾太くんで乾燥する際は短時間で終わらせましょう(自己責任でお願いします)

まとめ

いかがでしたでしょうか。これからの時期、ダニの対策を必須です。定期的に布団乾燥機や乾太くんでダニを除去するようにしましょう。

⬇️合わせて読みたい⬇️

読めば絶対欲しくなる!ガス乾燥機【乾太くん】記事9選!
①ガス乾燥機の乾太くんを徹底レビュー。やっぱり縮むけど絶対おすすめ!乾太くんの使用レビュー。長期間使ってみた感想や衣類の縮み具合の評価など、詳細にまとています。衣類乾燥機や乾太くんに興味がある人は一度も読んでみてく...

コメント

タイトルとURLをコピーしました