「乾太くん」を購入してわかった後悔ポイント!乾燥は十分。問題は場所と大きさ。

洗濯

今回は最近CMなどもやっているRinnaiのガス乾燥機「乾太くん」を購入して感じた後悔ポイントをまとめます。

後悔ポイントに限らず、乾太くんについて知りたい人は、こちらの記事もおすすめです。。

ガス乾燥機の乾太くんを徹底レビュー。やっぱり縮むけど絶対おすすめ!
ガス乾燥機の乾太くんを2年間使ってみた感想&レビューをまとめます。乾燥機でどのくらい縮むのか部屋干しと比較してみました。

先に言いますが、乾太くんの乾燥能力ほ素晴らしく、我が家では本当になくてはならない存在です。

乾太くんなしでは生活できません!

ただ、知人や知り合いに聞くと、それなりの後悔・残念なポイントがあるらしく、これから購入する人に知っておいてほしいと思います。

乾太くんの後悔ポイントは人それぞれ

正直なところ、私が乾太くんを購入して後悔していることは一切ありません。

それくらい乾太くんの乾燥機能は優秀です。

ただ、それは乾太くんを上手に使えてるから、もしくは使いやすい家だからだと思っています。

個人の生活スタイルや家の間取りなどによっては不便に思うこともあるようです。

乾太くんの後悔ポイント

それでは乾太くんの後悔ポイントをみていきましょう。

大きくて圧迫感がすごい

乾太くんはハイパワーの火力で一気に大量の洗濯物を乾燥できます。それは8kgの洗濯物を1時間ちょっとで乾燥できるほど。

ただパワーがすごい分、本体の大きさもなかなかのサイズ。特にスタンダード(8kg)はかなりの大きさです。

ファミリーが住むような一軒家でも、少し広い洗面所がないと結構な圧迫感です。

我が家の洗面所は間取りの関係で3畳(収納込み)あるので感じませんが、一般的な洗面所の2畳くらいなので存在感が大きいようです。

マンションやアパートでも乾太くんを設置することはできますが、洗面所に設置する場合は、大きくてスペースがとられることを覚悟する必要があります。

洗面所の採光が取れない

乾太くんは廃熱を屋外に排出するダクトを設置するため、洗面所に壁を背にして設置することがほとんどです。

ただ、この場合だとどうしても、洗面所の窓を塞いでしまい、採光が取れなくなってしまいます。

注文住宅であらかじめ乾太くんを購入することを決めていれば、窓の位置やサイズを調整することができますが、後から乾太くんを購入すると窓を塞いでしまう人が多いと聞きます。

プロパンガスだとガス代が高い

乾太くんは電気ではなくガスを熱源にして洗濯物を乾燥します。

そのため、当然ですが大量のガスを使用します。

我が家は都市ガスなので1ヶ月毎日使用しても乾太くんにかかるガス代は1000円~2000円程度ですが、プロパンガスだと倍以上かかるケースもあるそうです。

一概に乾太くんの利用によってガス代が高いのか、プロパンだから高いのかわかりませんが、ランニングコストが高いのは家計には辛いですね。

洗剤などの収納スペースがとれない

これも乾太くんの大きさに起因する問題です。

乾太くんに洗面所を占領されてしまい洗剤などの消耗品を収納するスペースの確保が困難なケースもあります。

一般的に乾太くんは洗濯機の上のスペースに設置することが多いですが、ここに洗剤やハンガーや洗濯ネットなどのランドリーグッズを置いている人も多いと思います。

床下収納という案もありますが、普段から使うものを床下に収納すると、使う度に出し入れするのが面倒ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

皆さんに当てはまる事ではありませんが、これから乾太くんを購入する人は、これらのことも考えておいた方が良いと思います。

とはいえ、乾太くん自体の性能は素晴らしいので、少しの後悔ポイントなら絶対に購入をおすすめします。

⬇️こちらの記事もおすすめ⬇️

「乾太くん」を購入する前に読もう!ガス乾燥機で後悔しないために読むべき記事6選。
これから「乾太くん」の購入を考えている人必見!乾太くんの購入方法、概要、デメリット、後悔ポイントなどのブログ記事のまとめ
読めば絶対欲しくなる!ガス乾燥機【乾太くん】記事9選!
①ガス乾燥機の乾太くんを徹底レビュー。やっぱり縮むけど絶対おすすめ!乾太くんの使用レビュー。長期間使ってみた感想や衣類の縮み具合の評価など、詳細にまとています。衣類乾燥機や乾太くんに興味がある人は一度も読んでみてく...

コメント

タイトルとURLをコピーしました