ガス乾燥機の【乾太くん】は本当に短時間で乾燥できるのか!?詰め込みすぎるとさすがに生乾き!

洗濯

みなさん、こんにちは。ガス乾燥機の【乾太くん】を愛用しているつむ太郎です。

今回はこれからガス乾燥機の【乾太くん】の購入や設置を検討している人に向けて、乾太くんで乾燥するのにどのくらいの時間がかかるのか?

という疑問にお答えしたいと思います。

実際に【乾太くん】で乾燥してみた

今回は外に干して乾燥するのが面倒な寝具(毛布とタオルケット)を洗濯、乾燥してみました。

大物の乾燥はベランダに干しに行くのも面倒だけど、部屋干しだと中々乾燥しないですよね?

しかもベランダでも晴れてないと半乾きで1日終わってしまうかもしれません。

【乾太くん】だと、どのくらいで乾燥できるのでしょうか?

そもそも、ちゃんと乾燥できるのでしょうか?

乾燥したのは「毛布とタオルケット」

今回乾燥してみたのは毛布2枚とタオルケット3枚です。

今回は全部で5枚を洗濯しました。
中厚の毛布2枚
薄手のタオルケット3枚

全部で5枚の寝具です。

これが【乾太くん】で乾燥できたらめちゃくちゃ楽チンですよね!

これらの重量を測ってみたところ、全部で6.1kgでした。

我が家の乾太くんは5kgなので、多少キャパオーバーですが、あえてチャレンジしたいと思います!

 

完璧に乾燥しきれるか不安ですがチャレンジしてみます!

 

洗濯は普通の縦型洗濯機で充分

洗濯は普通の縦型洗濯機です。

我が家には【乾太くん】がいるので乾燥機能はついてません。

洗濯機も全部入れたらパンパンです。

【乾太くん】で乾燥開始!

洗濯が終わったので【乾太くん】に移して乾燥開始です!

【乾太くん】も入れたらかなりパンパンです。

明らかにキャパオーバーですが、引き続きチャレンジ精神で続けたいと思います。

乾燥開始して少しすると「残り時間」が表示されます。

ただ、この時間がどのくらいで正確なのかわからないので開始と共にタイマーをスタートしました。

乾燥開始して約5分で残り時間が「75分」と表示されました。

この通りであれば1時間ちょっとで乾燥が終わることになります。

途中経過。あと35分。

そして無事に乾燥が終わりました!

まさかの予定時刻よりも早い「70分」。

【結果】ちゃんと乾いたのか?

約70分の乾燥の結果、ちゃんと乾いたのでしょうか?

 

結果はどうだったかというと…

 

 

乾きませんでした!

 

タオルケットは乾いていましたが、毛布は生乾きの部分が結構残ってました。

さすがの【乾太くん】でもキャパオーバーで乾燥することは難しいようです。

 

乾太くんも乾燥容量を超えると乾燥することができませんでした。

 

そのままもう一度乾燥開始!

さすがに生乾きのままでは終われませんので、そのまま同じ厚物モードでもう一度乾燥します。

2回目を開始して12分経過した時点で、残り時間が35分。

2回目は1回目より早く終わりそうです。

2回目の途中経過

そして2回目も乾燥終了!

2回目は約45分でした!

2回目の乾燥終了

【結果】ちゃんと乾いたのか?2回目

 

2回目の結果はというと

 

 

ちゃんと乾きましたー!!!

 
乾燥した毛布とタオルケット

今回はちゃんと乾きましたー!

毛布もタオルケットも生乾きはなく、しっかりふわふわです。

結局、70分+45分=115分で約2時間

約2時間で毛布2枚+タオルケット3枚を乾燥することができました。

 

まとめ

  • 乾太くんは大量の毛布とタオルケットでも時間をかければ乾燥できる。
  • 毛布2枚とタオルケット3枚は完全にキャパオーバー
  • 連続2回乾燥すれば、だいたいは乾燥できそう

できるなら、少量の洗濯物をそれぞれ分けて乾燥する方が良いですね。

今回はキャパオーバーだったので、2回乾燥しましたが、

次回は乾燥量以内で、どのくらい時間がかかるかを計測したいと思います。

⬇️合わせて読みたい⬇️

コメント

タイトルとURLをコピーしました